粘土科学研究所

-

サイト内検索

カレンダー

Update 2014.01.28 Tue

モンモリロナイト ラボ

動物と粘土

動物と粘土

お見苦しい写真見せてごめんなさい。
こんばんわ。昨日バスケプレー中に接触して唇が切れてバンバンに腫れてます…たいらです。

さて、前回から引き続き、粘土のちからのお話。
粘土は昔むかしからあるもので、動物は本能的にそのちからを利用しているというのです。
弱肉強食のサバンナは草食動物を肉食動物が捕食する厳しい世界です。
草食動物が少しでも弱ればあっという間に狙われます。まだ未成熟な子供なども恰好の餌食となります。
隙を見せれば死と隣り合わせ。そんな生存競争が激しいサバンナで一つだけ、草食、肉食関係なく動物たちが争わない場所があるのです。

肉食動物の襲撃、同種同士での縄張り争いでの闘争、その他トラブル等、動物たちは傷つきます。
そんな時、粘土質のどろっとした地面に種類、体の大きさ、すべて関係なく傷ついた動物たちが集まってきます。
傷ついた彼らは粘土質の地面に傷口に粘土をこすり付けるようにして塗るのです。

弱っている動物たちがたくさんいて、肉食動物もいる。
しかし、そこでは不思議と争いは起こらないのです。

弱肉強食のサバンナで唯一争いが起こらない場所、そこには粘土のちからが関わっていたんですね。

唇にも粘土塗ったら治るかな??
(今回の話は諸説あります。間違ってたらごめんなさい。)

モンモリロナイトを活用した商品、作れます
モンモリロナイトってなぁ〜に?
モンモリロナイトの未来を作る仲間たち