粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

コラム

ダブル洗顔不要!モンモリロナイトの洗顔料

Update 2018.05.01

ダブル洗顔不要!モンモリロナイトの洗顔料

疲れて帰ってきた夜はお風呂でクレンジング→洗顔のダブル洗顔をするのが面倒なもの。それが一度の洗顔ですっきりとできたら素敵ですよね。

モンモリロナイト+植物由来の界面活性剤のちからで洗顔をすると、メイクも毛穴の汚れもしっかりと落とせてしまうのでダブル洗顔不要になるのです!

その秘密はモンモリロナイトの持っている自然の洗浄成分と植物由来の優しい界面活性剤の2つのちから。そのふたつの相乗効果で汚れもメイクもしっかりと落とせます。

◆モンモリロナイトの汚れの落とし方

①吸着して汚れを落とす。

モンモリロナイトは膨らみながらどんどん水を含みます。わずか1gでテニスコート2面分にも広がるほど水や汚れの吸着していきます。汚れや余分な皮脂、ほこりなどをくるみ取ってくれます。

②すごく粒子が細かい

わずか2ナノとモンモリロナイトはすご~く細かいのが特徴です。細かいことにより、毛穴の奥深くまで到達することができます。それにより毛穴に隠れた黒ずみやメイク汚れも落とすことができます。

③汚れも油も水も吸着する

モンモリロナイトは水分と油のどちらも吸着することができます。そのため、油汚れに分類されるメイク汚れも、ほこりのような水溶性の汚れもしっかりと落とせます。

◆界面活性剤の汚れの落とし方は?

界面活性剤とは様々な洗浄に使われる成分です。その中でもKURUMUは石油由来のものではなく、お肌にやさしい植物由来ものを厳選して使っています。また、メインの洗浄力はモンモリロナイトが行うので、そのサポートで界面活性剤を使っています。そのため界面活性剤の配合量がすごく少なくて済むのが特徴です。

KURUMUクリームウォッシュがあまり泡が立たないのは界面活性剤の量がすごく少ないからだったのです。

界面活性剤は水と仲がいい成分と油と仲がいい成分の両方を持っています。水にも油にも混ざるので、水だけだと弾かれてしまう油汚れもしっかりと水に溶かすことができます。そうすることにより汚れが落ちていきます。

◆モンモリロナイトと界面活性剤の相乗効果

この2つの成分は全く違うアプローチで汚れを落とします。アプローチの仕方が違うことにより、一つのちからでは落とせなかった皮脂汚れやメイクまで2つのちからでしっかりと落としてくれるのです。

メイクから毛穴の奥の汚れまでしっかりと落とせる秘密はここにあり。毎日ダブル洗顔することなく、一度で毛穴の奥まですっきりと落とせます。

また、モンモリロナイトは様々なものを吸着していきます。それは水であったり、皮脂であったり、お肌にやさしい保湿成分であったり。界面活性剤も例外ではありません。モンモリロナイトは界面活性剤も包みこみます。界面活性剤の刺激もモンモリロナイトがやさしく包みこみ、敏感なお肌の方にもやさしい洗顔料が出来上がるのです。

◆KURUMUのクリームウォッシュは…

KURUMUクリームウォッシュは植物性のやさしい活性剤とモンモリロナイトのバランスにこだわったレシピです。

なるべくお肌の負担を減らす。その上でメイクもすっきりと落とせるくらいの洗浄力を残す。界面活性剤を入れすぎてしまえば洗浄力は出ますが、刺激になりがちです。せっかくモンモリロナイトの洗浄力を生かしきれないということにもなります。

そこのバランスの試行錯誤の結果できたKURUMUクリームウォッシュ。しっかりとメイクを落とし、刺激も少なく、モンモリロナイトのちからを最大限に生かした洗顔料が出来上がりました。