粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

コラム

ダブル洗顔不要が一番。お肌の負担を減らそう

Update 2018.05.07

ダブル洗顔不要が一番。お肌の負担を減らそう

スキンケアの基本はお化粧や皮脂などの日々の汚れを落とすこと。ネットなどで調べてもよく聞く言葉です。

実際にお化粧を落とすためにクレンジングをした後に洗顔で顔を洗うダブル洗顔をというのが主流です。

でも、お風呂に入るのがどーしてもめんどくさい。でも寝る前にはキモチワルイので化粧だけでも落としたい。そんなときはコットンでふき取るタイプで済ましている方もいらっしゃいますよね。

コットンのクレンジングは負担があるんじゃ?そもそもダブル洗顔に負担はないの?今回はそんな疑問に答えるダブル洗顔のお肌への負担のお話。

◆気になるお肌への負担は?

お風呂がめんどくさい!と頼ったコットンのクレンジング。コットンのクレンジングの負担はコットンをお顔に擦り付けるのでお肌が傷つくリスクが一つ。またお肌の刺激になるオイルが含まれていることも少なくありません。それ以外のクレンジングもお肌の負担になることがあります。

◆ダブル洗顔のリスクとは??

ダブル洗顔のリスクは具体的にどんなことが考えられるのでしょうか?

摩擦の回数を減らそう

通常ダブル洗顔はお化粧をクレンジングで落として、そのあとに洗顔を使ってお顔を洗うという流れになると思います。

洗顔やクレンジングの際はお顔に手でくるくると馴染ませます。何度もさわるのが負担になるのです。そこで使用するのがオイルの場合なのか、クリーム状なのかによって摩擦の負担は変わってきますが、なるべく回数を減らすと負担は減っていきます。

モンモリロナイトの場合、長―い時間、自然のちからによって研磨されています。ですから非常に細かくなめらかな触り心地です。また原石は手でもぽろぽろと壊れてしまうほど柔らかい素材でもあります。洗顔をするとき、モンモリロナイトで傷がつくことはありません。

皮脂をとりすぎてしまう

洗顔は余分な皮脂や汚れ、クレンジングは化粧を落とすために作られています。どちらも油を取り去るちからがあります。ですから、お肌に必要な油分まで取ってしまうことも考えられます。特にミネラルオイルのクレンジングなどは油分をとるちからが強く、その後もう一度洗顔で油分はさらになくなっていきます。

◆クレンジング、洗顔、どちらもお肌の負担は少なからずある

どちらにも言えることですが、何度もお肌をくるくるすれば摩擦は生まれます。化粧やお顔の汚れを落とそうとすればお顔の油分まで取り去ってしまいます。油分の取りすぎは乾燥肌になってしまいます。乾燥するといろいろなお肌のトラブルにつながってしまいます。

お肌に負担のないように様々な化粧品は作られています。しかし化粧を落としたり、洗顔という行為をするとどうしても負担がかかってしまいます。

◆ダブル洗顔をしないために1回で済ますことができる洗顔料はあるの?

クレンジングと洗顔。どちらもお肌に負担がかかってしまうのであれば単純に回数を減らすのはいかがでしょうか。負担を減らすにはまず回数を減らすことが重要です。

モンモリロナイトであれば化粧のような油分の汚れも、お顔についた塵やほこりなどのお水で流れる汚れもどちらも「吸着」というちからでくるみこむことができます。

KURUMUクリームウォッシュでは油分、水分のどちらもくるみとるモンモリロナイトに加え、植物由来のやさしい界面活性剤の2つのちからで化粧も、お顔の汚れもどちらも取り去ります。

ですから、KURUMUクリームウォッシュはお化粧落としから洗顔まで1本でOKなんです。

極力お肌を傷つけないように、お肌に負担がかからないようにと開発したKURUMUクリームウォッシュ。

最近お肌が疲れているな、と感じている方におすすめしたい洗顔料です。