粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

コラム

毛穴が目立つ原因の黒ずみや皮脂詰まりを簡単に取る方法とは?

Update 2018.06.05

毛穴が目立つ原因の黒ずみや皮脂詰まりを簡単に取る方法とは?

先日、毛穴とはどんなものなのか?というお話をしました。
毛穴の種類や役割とは?
20代後半から30代の女性のお悩みの中でも、ニキビや吹き出物についで多いのが毛穴に関する事です。今回は毛穴の「たるみ」「開き」などある中から、「毛穴の目立ち」についてのお話です。

◆毛穴の黒ずみ原因は?

鼻の頭やTゾーンなど黒く目立ってしまう毛穴。Tゾーンなどに多くみられる「脂腺性毛包」からたくさん分泌される皮脂が原因の大本と言われています。ではこの脂腺性毛包から分泌される皮脂がどんなトラブルを起こすのでしょうか?

皮脂がつまって目立つ

Tゾーンや鼻の頭の毛穴は皮脂をたくさん出します。たくさん分泌された皮脂は固まってしまい、毛穴をふさいでしまいます。これを「角栓」と呼び、この角栓が毛穴目立ちの原因の一つになります。

たくさんいじって炎症をおこして目立つ

鏡を見るたびに毛穴が気になっていじってしまう…悩みが深い場合ついついやりがちです。毛穴に詰まった皮脂が気になるからと指で無理やり出したり何度も手で触ってしまうと炎症を起こし、治ることなく慢性炎症になってしまいます。慢性炎症はメラニンを多く生成し、黒く目立ってしまいます。

皮脂以外が詰まって目立つ

皮脂が角栓となって詰まり目立ってしまうという話を上記でしましたが、毛穴にはその他にも古くなった角質やほこりなどが皮脂と混ざることによって黒ずみになり目立ってしまいます。

毛穴が目立ってしまう原因は分泌が多くなってしまった皮脂がキーになっていそうですね。
ではこの皮脂をどうするのが毛穴を目立たなくするためにはいいのか。対策を考えましょう。

●脂腺性毛包とは…Tゾーンや背中などに多くみられる毛穴の種類で、毛を生やすことはおまけ程度で皮脂を分泌する機能が発達した毛穴。皮脂が多く分泌するので、皮脂が詰まって角栓になったり、オイリー肌になってしまうなどトラブルの原因になりがちです。しかし、汗と皮脂が混ざり合うことによってお肌に天然のクリームを作り出し、バリア機能を発揮してくれます。このバリア機能がお肌を乾燥から守ったり、外敵から守ってくれたりします。皮脂はたくさん分泌しすぎても困りますが、少なすぎても困るようです。

◆毛穴の目立ち対策は3つ

毛穴の黒ずみ対策には皮脂をどうやって抑えるのか?その対策を3つにまとめてみました。触らないというのは単純ですが真理な気がします…

余分な皮脂はしっかり押さえる

皮脂は毎日毛穴から分泌されます。その皮脂が固まってしまって角質になってしまいます。固まる前の皮脂をしっかりと抑えてあげることにより、角栓になるのを防ぎます。あぶらとり紙などを使用するのが有効です。

気にしない、触らない

目立ってしまった毛穴はどうしても気になって触ってしまいがち。そうすると炎症を引き起こし、メラニンの生成を促してしまいます。単純ですが、対策は触らないこと。触っても毛穴は治りません(笑)

日々のケアを欠かさない

毎日分泌される皮脂は毎日洗い流してあげることが重要です。そこをちょっとさぼってしまうと皮脂が固まり詰まってしまいます。ですから日々の丁寧な洗顔で余分な皮脂を洗い流してあげましょう。

◆毛穴までしっかり洗うモンモリロナイト

モンモリロナイトがたっぷり配合されているKURUMUクリームウォッシュは使用後お客様にお顔の色が「ワントーン明るくなった」と言われることが少なくありません。
それは毛穴の奥までしっかりと洗浄されるので毛穴が目立つことが少なくなったから。
その秘密はモンモリロナイトの粒子の小ささです。小ささはわずか0.0002ミリ。身近なもので例えると髪の毛の10万分の1という小ささ。
対する平均的な毛穴の大きさは0.2ミリ。モンモリロナイトの5万倍の大きさです。そのとっても小さな小さなモンモリロナイトが毛穴の奥まで入り込み、くすみや毛穴の黒ずみの原因である皮脂や古い角質をしっかりとくるみ取るので、毛穴が目立たなくなります。

そんなKURUMUクリームウォッシュはコチラ