粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

コラム

アニオン?カチオン?界面活性剤の種類で違うお肌への刺激とは?

Update 2018.06.27

アニオン?カチオン?界面活性剤の種類で違うお肌への刺激とは?

先日お話した界面活性剤とは?というお話。
界面活性剤とは簡単にいうとどんなもの?構造や役割は?

お水と仲がよい部分と油と仲がよい部分の両方を持っていて、お水と油の境目の緊張感を和らげて最終的には混ぜることができる力がある。というようなお話でした。

その界面活性剤は種類がいくつかあり、その種類によって特徴が違います。
今回はそんなお話。

◆界面活性剤の種類、見分けるポイントは?

界面活性剤はお水と仲がよい部分と油と仲がよい部分があります。

図の部分のお水と仲がよい部分にイオンを帯びているかどうかで大きく2種類に分かれます。イオン性の界面活性剤と非イオン性の界面活性剤です。

イオン性の界面活性剤は…

① お水と仲がよい部分がマイナスを持っているものがアニオン型

② プラスを持っているものがカチオン型

③ プラスとマイナスの両方を持っているものをアンホ型(両性型)

と言い、計3種類になります。

④ 非イオン性(ノニオン型)

1種とイオン性3種で合わせて4種類になりますね。

では一つずつ特徴をご紹介します。

◆① アニオン型界面活性剤

お水と溶かすとお水と仲がよい部分がマイナスになる界面活性剤です。

別名「陰イオン界面活性剤」ともいわれます。お水に溶けやすく、泡立ちがよいことが特徴です。

おもな用途はシャンプーや洗顔、ボディソープなどの洗浄を目的としたものに使われます。

アニオン型界面活性剤の具体的な成分名は?

有名なものだとラウリル硫酸Naがあります。

お肌の刺激が強いということでよく悪者にされます。ラウリル硫酸Naの歴史は古く、刺激の少ない改良版としてラウレス硫酸Naが開発されました。

ほかにもココイルグルタミン酸Naやアミノ酸系界面活性剤であるココイルグリシンKなどがあります。

石けんもアニオン型の界面活性剤に分類されます。

具体的な成分名は「石ケン素地」や「ラウリン酸K」「カリ石鹸素地」などがあります。

アニオン型界面活性剤の刺激はどのくらい?

特に洗浄力が高い特徴のため、余分な皮脂だけにとどまらず、必要な皮脂までとりすぎてしまうことも。それにより乾燥を招いてしまうことがあります。

また、人の皮膚や髪の毛はタンパク質でできています。界面活性剤はタンパク質を変性させる特徴があるので刺激になりがちです。

アニオン型の中でもアミノ酸系の界面活性剤はその刺激が少ない傾向にあります。

◆② カチオン型界面活性剤

お水に溶かすとお水と仲がよい部分がプラスになる界面活性剤です。

別名「陽イオン界面活性剤」ともいわれます。

皮膚や髪の毛にくっつく特徴を持ちます。泡を立てて洗うというよりも、お肌や髪の毛にくっついて触り心地をよくしたり、静電気を防ぐなどの作用や殺菌効果があります。

主な用途は感触をよくするヘアリンスやヘアトリートメント、ごわごわの洗濯物の感触UPに洗濯用の柔軟剤、手指の消毒剤など多岐にわたります。

カチオン型界面活性剤の具体的な成分名は?

具体的にはヘアケア成分である「ステアリルトリモニウムクロリド」、ヘアカラー剤に使われる塩化アルキルトリメチルアンモニウムなどがあります。

「~クロリド」や「~アンモニウム」などが成分名の後ろにつくことが多いです。

カチオン型界面活性剤の刺激はどのくらい?

皮膚や髪の毛のタンパク質はマイナスのイオンを持っています。

プラスのイオンを持つカチオン型の界面活性剤はマイナスのイオンを持っている皮膚や髪の毛にくっつくため、界面活性剤の刺激が出やすいです。

今回お話する4種の中では一番刺激が強いと言われています。

界面活性剤=泡による洗浄というイメージが強いのですが、実はトリートメントなどに入っているカチオン型の方が刺激が強かったのですね。

◆③ 両性型界面活性剤

お水と仲がよい部分が溶かす水溶液によってプラスになったりマイナスになったりする界面活性剤です。

プラスになればアニオン型の性質をもち、マイナスになればカチオン型の性質になります。

主な用途はシャンプーや洗顔、ボディウォッシュなどの洗浄料です。ただ、それほど強い洗浄力がないため、アニオン型のサポートとして使われることが多いです。

両性型界面活性剤の具体的な成分名は?

「コカミドプロピルベタイン」や「ココアンホ酢酸Na」など「ベタイン」や「アンホ」などの単語がつくものや、たまごを使った天然の乳化剤「水添レシチン」も両性型に分類されます。

両性型界面活性剤の刺激はどのくらい?

両性型界面活性剤は環境によってカチオン型、アニオン型の両方の性質を持っていますが、それぞれの性質は弱くなります。

アニオン型、カチオン型どちらとも同時に使えることや性質が弱いため皮膚に対する刺激もマイルドです。

◆④ ノニオン型界面活性剤

お水に溶かしてもお水と仲が良い部分がイオンにならない界面活性剤です。

界面活性の作用はとても穏やかです。

お水と仲が良い度合いや油と仲がよい度合いをさまざまに変え、種類がたくさんあります。

主な用途はクリームやローション、乳液などの化粧品から工業用の塗料や分散剤など、4種類ある活性剤の中でもっともいろいろな場面で使われています。

ノニオン型界面活性剤の具体的な成分名は?

ステアリン酸グリセリルやPEG-60水添ヒマシ油など名前の最後に「○○酸グリセリン」「○○水添ヒマシ油」などがつくことが多いです。

ノニオン型界面活性剤の刺激はどのくらい?

4種類ある活性剤の中で最も刺激が少ないのがノニオン型界面活性剤です。

ほとんどないと言っても過言ではありません。イオンにならないのでお肌や髪の毛にくっつくこともありませんし、タンパク質を変性させる力もほとんどありません。

◆クリームウォッシュで使っている界面活性剤は?

KURUMUではなるべく体やお肌にやさしい化粧品を…という思いで化粧品を作っています。刺激を考えると界面活性剤について考えることは避けては通れません。

洗顔料であるクリームウォッシュで使っている界面活性剤は「ココイルグルタミン酸Na」と「コカミドDEA」「カプリル酸グリセリル」の3種類です。

「ココイルグルタミン酸Na」はアニオン型ですが、刺激が少なく、タンパク変性もほとんどないアミノ酸系の界面活性剤です。

「コカミドDEA」「カプリル酸グリセリル」は最も刺激が少ないノニオン型です。

そしてなによりもKURUMUシリーズはモンモリロナイトが入っていることが刺激を少なくするポイントです。

洗浄の主役はモンモリロナイトです。界面活性剤はあくまでサポートでしかありません。通常、20%以上界面活性剤を入れることもめずらしくない中、10%未満しか配合していません。

また、界面活性剤の刺激をモンモリロナイトがマイルドにしてくれるということもあります。

少しでもやさしい化粧品を…と作ったKURUMUシリーズぜひお試しください。