粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

コラム

モンモリロナイトクレイは自宅でできる歯のホワイトニングにおすすめ?

Update 2018.10.09

モンモリロナイトクレイは自宅でできる歯のホワイトニングにおすすめ?

「芸能人は歯が命」

その昔流行した歯みがきのキャッチコピーです。
あの時の東幹久は歯が白かったなぁ…

しかし、一般人だって歯が命です。

歯がガタガタで汚かったら印象も悪くなってしまうし、なにより自分が鏡を見た時にテンションが上がりません

歯並びはもちろんですが、歯の白さも与える印象に重要な要素の一つです。

 

歯医者さんでは「ホワイトニング」に力を入れているところも多くみられます。

ホワイトニングは歯医者さんで行う「オフィスホワイトニング」や自宅で行う「ホームホワイトニング」など。

 

歯磨き粉にも「歯が白くなる」と謳うものも見られます。

今回はモンモリロナイトクレイがホワイトニングにも向いている??

 

卵を使った実験を2種類行って果たしてそうなのか??確かめてみました。

そんなお話。

◆モンモリロナイトクレイの歯のホワイトニングにおすすめの「ちから」とは

モンモリロナイトというクレイのちからはいくつかあります。

皮膜といって、塗ったお肌や歯みがき後の歯にすごーく薄くヴェールを張ってくれる「守る」ちから。

 

お肌にうれしいうるおいを「届ける」ちからや汚れを落とすちから。

 

汚れをくるみとって落としてくれる「落とす」ちからです。

 

その中で歯のホワイトニングに有効になりそうなちからが「落とす」ちからと「守る」ちから

モンモリロナイトの「落とす」ちからは余分な皮脂やお口の中についてしまった汚れまでさまざまなものをくるみこむという特徴があります。

その特徴を生かして、クレイ製品は洗顔料やパックなどに多く使われています。

 

KURUMUでもクリームウォッシュはあまり泡が立たないにも関わらず皮脂や汚れだけでなく、メイクまで落とせる洗浄力がある洗顔料です。

 

その吸着力による「落とす」ちからは、歯についてしまってなかなか落ちない黄ばみなどまで落とすことはできるでしょうか?

 

白い歯を助けるモンモリロナイトのもう一つのちからが「皮膜」と呼ばれるごく薄いヴェールを張ってくれる「守る」ちから。

 

このちからはお肌や歯をやさしいモンモリロナイトのヴェールがくるみこんでくれることにより、お肌はすべすべ、歯もツルツルに。

 

それだけではなく歯の着色汚れまで付きづらくなるのでしょうか?

◆モンモリロナイトクレイは歯の着色汚れを落とせるか実験

一つめの実験はついてしまった歯の着色汚れをモンモリロナイトが落とせるのかどうか卵で実験します。

よういするもの

・ビーカー
・コーヒー
・卵
・モンモリロナイトと銀と水の歯みがき

① 卵をコーヒーに漬ける

卵をコーヒーに一晩漬けます。どのくらい渋がつくでしょうか??

一晩漬けて出すとこんな感じ。煮卵っぽいですが、コーヒーです。

 

② コーヒーに漬けた卵をざっと洗う

ざっと洗って拭きました。しっかりコーヒー色が付きましたね。

 

③ モンモリロナイトと銀と水の歯みがきを塗る

この卵にモンモリロナイトと銀と水の歯みがきを載せます。

果たしてどうなるでしょう??

 

④ しばし待つ

コーヒーの渋をモンモリロナイトが吸着して落としてくれるのを期待してしばし待ちます

 

…結果をまつまでドキドキです。

 

⑤ モンモリロナイトと銀と水の歯みがきをとる

なんとモンモリロナイトと銀と水の歯みがきを置いていたところだけくっきり白くなっています!

どうやらモンモリロナイトにはついてしまった着色汚れを吸着して「落とす」ちからがありそうです。

◆モンモリロナイトクレイは歯の着色汚れが付きづらくなるのか?実験

① 卵を二個用意

普通の卵がころん。とあります。

② そのうちの一つの卵にモンモリロナイトと銀と水の歯みがきを塗る

ぬりぬりしてテカテカです。

 

③ それを軽くお水で洗う

洗ってしまえば何も塗っていない卵と見た目は変わりません。触り心地は少しすべすべなような…

 

④ モンモリロナイトと銀と水の歯みがきを塗った卵と何も塗っていない卵をコーヒーに漬け一晩

じっくり使って、コーヒー色になっていきます。

 

⑤ 一晩漬けて、コーヒーから出す

この状態だと見た目は変わりません。

 

⑥ 2つの卵をざっと洗う

何もしていない卵です。洗ってもコーヒー色は変わりません。

いっぽうモンモリロナイトと銀と水の歯みがきを塗った卵は…?

洗っている途中です。ぽろぽろとコーヒー色が落ちていきます!

 

最後まで洗うとこんなに白くなります。

 

並べてみると色が全然違います。

モンモリロナイトが卵にヴェールを張ってくれるので、コーヒーの渋が付きづらいことがわかりました!

◆モンモリロナイトクレイは大地のちからで歯のホワイトニング

モンモリロナイトが歯の着色汚れに対して落としやすかったり汚れが付きづらくなったりすることがわかりました。

しかし、モンモリロナイトは研磨剤で削ったり、漂白をして白くするわけではありません。そのため磨いてすぐに真っ白!とはなりません。

また、歯本来の白さに近づけることはできますが、それ以上の白さを出すのはむずかしいといった側面もあります。

どうしても歯を白く保ちたい、本来の歯の白さに近づけたい。

でも、合成の界面活性剤や研磨剤、漂白剤などは使いたくない

そんなとき、モンモリロナイトの「落とす」ちからや「守る」ちからで自然に白い歯を目指しませんか?