粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

コラム

アウトドアの歯磨きはモンモリロナイトクレイがおすすめ!その理由とは?

Update 2018.11.22

アウトドアの歯磨きはモンモリロナイトクレイがおすすめ!その理由とは?

KURUMUで様々なお客様に、ここではいろんな記事でご紹介している「モンモリロナイトと銀と水の歯みがき」。

特徴として泡が立たないこと、味がしないことが挙げられます。

ということは余計な成分が入っていないということです。(いろんな成分が入っているといろんな味がして、強い味を付けないとおいしくので…)

 

その特徴が出せるのはモンモリロナイトが汚れを落とし、歯にヴェールを張ってすっきり感を出してくれるから。

味がしないということで「味覚を大切にする人に」とソムリエさんに使っていただいたり、紅茶の先生に使っていただいたり。

 

そしてもう一つオススメしたいのがアウトドアでの歯みがきです。

モンモリロナイトの歯磨きはなんでアウトドアにおすすめなの?

そもそもアウトドアで歯磨きってNGなの?

そんなお話。

◆モンモリロナイトクレイがアウトドアの歯磨きにおすすめポイント①

アウトドアでのモンモリロナイトの歯磨きおすすめポイント①は「界面活性剤不使用なこと」です。

アウトドアの中でも特に登山で厳しく言われていることに「アウトドア中には歯磨きをしない」というのがあります。

なぜ歯磨きがいけないのでしょうか?

アウトドアでは下水の機能を持たず、そのまま自然に流してしまうこともめずらしくありません。

そんなアウトドアの環境では界面活性剤たっぷりの歯磨きを分解することが出来ずに環境を壊してしまう恐れがあるから。

 

だから歯磨きはしても歯磨き粉を使わずに水のみでしたり、布で少し拭いたり。何日もの宿泊することになっても歯を磨かないひともいるほどです。

 

日帰りならともかく泊りのアウトドアの場合は歯を磨いてすっきりしたい…

 

そんなときにおすすめなのがモンモリロナイト。

モンモリロナイトは界面活性剤が立てる泡に頼ることなく、モンモリロナイト自体のちからで汚れをくるみこんで落とすということが出来ます。

 

加えて磨いた歯にヴェールを張ることが出来るので歯はツルツルに。泡とミントのスッキリ感とは違うすっきり感ですが、これもクセになるすっきり感があります。

 

泡以外にも界面活性剤は使用していないので環境にも安心です。加えてモンモリロナイトのもともとの素材は火山灰。つまり山から噴火してできたものです。

山から、大地からのちからで歯まできれいにできてしまうというワケ。

◆モンモリロナイトクレイがアウトドアの歯磨きにおすすめポイント②

アウトドアにモンモリロナイトがおすすめのポイントその②が「お水の節約になる」ということ。

普段の生活ではもちろんのこと、せっかく大自然でアウトドアをするのであればお水も節約してちょっとでも環境によいことを…

せっかくそう思っていても歯磨きするのにもたくさんのお水を使ってしまいます。

アワアワの歯磨きはお口をゆすぐのに多くのお水が必要ですし、お水だけで磨いた場合でも「あんまりすっきりしない…」という理由からうがいの回数が増えがちです。

対するモンモリロナイトで歯を磨いた場合はうがいの回数は1~2回で十分です。

モンモリロナイトはお水とも仲が良い素材なのでお口の中の汚れをくるみとった後はお水で簡単に流れてくれます。

付属のキャップ1杯のお水だけで充分!

◆アウトドアの歯磨きにおすすめのモンモリロナイトクレイは本当に環境によい?

とは言え、界面活性剤で問題になった80年代と比べ、環境に負担の少ない界面活性剤も多く作られ使われるようになりました。ですから意味がない!と批判するひともいるかもしれません。

しかし、ちょっと環境のことを考える、ちょっと環境にいいことを行動する。

それの第一歩として「アウトドア」で楽しく環境にいいことをする。きっかけになるだけでも意味はあるのではないでしょうか?

 

実際に水の節約や環境やお口の中の負担を少なくすることは確かです。

 

ちょっとでも環境や体の負担を少なく、そしてアウトドアや自然のことを考えるきっかけに。

モンモリロナイトと銀と水の歯みがきで歯を磨いてみませんか?