粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

コラム

お肌の老化の原因たるみやほうれい線、乾燥などの防止法とは?

Update 2018.11.26

お肌の老化の原因たるみやほうれい線、乾燥などの防止法とは?

なんとな~くTVを見ていて「この女優さん老けたなぁ~」なんて思って、その夜…

鏡をふと見ると私も?ちょっと老けてる??

そんなコワい体験が…

今回は加齢による顔の変化のお話。

老けた顔の印象になる要因はどんなところ?

老け顔の印象になってしまうお肌のケアはどんなことをすればいいの?

そんなお話。

◆お肌が老化した印象になる代表的な原因3つとは?

鏡を見て老けた印象を受けることや、他の人を見ても老けた印象を受けることがあると思います。

ではどこがどう変わったら老けた印象になってしまうのでしょうか?

老けた印象になってしまうポイントはどこにあるのでしょうか?

鼻から口元まで深く刻まれる「ほうれい線」

一つ目はほうれい線です。

ほうれい線とは鼻から口元にかけて現れる大きなしわです。

ほうれい線があるのとないのでは印象が大きく変わります。イラストを描く時にほうれい線を入れることにより、おばさん感をだすのによく使われるほど。

20代からほうれい線はでき始めて、40代くらいになるとより目立つようになってきます。

毎日の積み重ねで老化した印象になってしまう「しわ」

2つ目はしわです。

目じりや口元など、様々な場所にできるしわも増えて、深くなるにつれて顔の印象が変わってきます。

しわは表情を変えた時に一時的にできる一過性しわ。

一過性しわがだんだんと定着していくことによりできる定着しわがあります。

また、乾燥によってできる小じわを放っておくと大きく目立つしわになってしまいます。

段々と重力に負けて…ごまかしがきかない「たるみ」

最後の老けた印象になってしまうポイントはたるみです。

たるみは重力によって顔のほほや目の下などが下がってきてしまうことです。

重力によって下がっているので起きている時と寝た状態を比べると、寝た状態のときは目立ちづらくなることが特徴です。

シミやしわに比べるとメイクで隠すことが難しく、印象が大きく変わってしまいます。

◆お肌の老化の原因たるみやほうれい線、乾燥などおすすめのケアとは?

ほうれい線、しわ、たるみ、老け顔の印象になってしまう3つのポイント。

なんとなく老けたなぁ~という印象はこの3つが目立っているせいだったのですね。

では老け顔の印象を与えてしまう3つのポイントに効果的なケア方法とはどんなものでしょうか?

足腰と同じように鍛えることで変わる「運動」

特にたるみやほうれい線は年をとるにつれてだんだんと筋肉が低下していくことが原因の一つです。

表情筋と言われるお顔にある筋力が低下することにより、ほほや目の下などが下がってきてしまいます。

ほうれい線もほほのお肉が下がってきてしまうため段々と目立つようになってきてしまいます。

 

おすすめのケア方法は足腰の筋力低下の時と同じように運動をすることです。

ほほの周りはお口を大きく開けて発声練習のように顔を動かすことや舌を大きく出して回したりなど。

 

目の下のたるみには目をぎょろぎょろと回したりなどをすると表情筋に刺激が入って、お顔が締まってくるそうです。

 

なるべく毎日続けることがポイントと言えそうですね。

年々たまったダメージをなるべく少なく。「紫外線ケア」

老けた印象になってしまう理由としてはお肌の弾力が低下してしまうことが挙げられます。

弾力の低下はしわやほうれい線をより深く、目立つものにしてしまいます。

加齢と共に少なくなってしまう真皮にあるコラーゲン繊維やヒアルロン酸など。真皮ではコラーゲンの繊維が網の目状に広がっており、そこにヒアルロン酸などが満たされているようなイメージ。それが弾力の低下となります。

 

低下の大きな要因は紫外線によるダメージです。

年を重ねるごとに紫外線を浴びる時間も伸びていき、ダメージがだんだんとたまっていきます。たまったダメージによりコラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまうというわけ。

大切なのは年々たまっていくダメージを少しでも少なくすること。

つまり、紫外線対策をしっかりと行うことです。

生活紫外線と呼ばれる紫外線は年中降り注いでいるし、室内でも紫外線のダメージを受けてしまいます。

海や山などのレジャーに行ったときだけにケアをするのではなく、年中紫外線のケアをするのが大切です。

乾燥も老化には悪影響。表皮の「乾燥ケア」

老けた印象になってしまう要因で特にしわは表皮のケアで防ぐことが出来ます。

加齢と共にお肌の水分はだんだんと減少し、乾燥肌の人が多くなってきます。

表皮が乾燥した状態になると、お肌はガサガサと固くなってしまいます。

 

固くなったお肌はしわができやすく、老けた印象につながってしまいます。

 

そこでおすすめしたいのがモンモリロナイトの保湿コンビ「ウォーターモイスト」「コンフォートクリーム」です。

KURUMUが目指すお肌は柔らかいお肌

お肌はカサカサと乾燥すると固くなってしまうので、柔らかお肌を目指して作られたKURUMUは固くしわのできやすいお肌にもぴったり。

 

モンモリロナイトが一つまみ入っていることでウォーターモイストはお肌のすみずみまでしっかりとうるおいを届け、しっとりとぷるぷるなお肌に。

 

さらにコンフォートクリームにたっぷりと配合されたモンモリロナイトがとっても薄いヴェールでお肌をくるみこんでくれます。

やさしいモンモリロナイトのヴェールでくるまれたお肌は乾燥や外からの刺激から守られ、柔らかく、触り心地もすべすべに。

 

エイジングケアにもおすすめのモンモリロナイトクレイがたっぷり入ったKURUMUシリーズ、詳しくはこちら