粘土科学研究所

-

サイト内検索

カレンダー

Update 2019.08.21 Wed

原料

シアバターのハンドクリームやボディクリームに使われる働きとは?

シアバターのハンドクリームやボディクリームに使われる働きとは?

発売が迫っているモンモリロナイトと果実と花のハンドクリーム。
その特徴は塗ったすぐあとでもサラリとしたやさしいヴェール。

それは中心となる原料モンモリロナイトがお肌にヴェールを張ってくれる特徴のおかげです。加えて様々な果実や花のちからがヴェールの働きを助けてくれます。

そんな果実や花の中で今回はお肌をやさしくうるおしてくれるオイル、シアバターの話。

シアバターとはどんな植物?

シアバターの種類って?

モンモリロナイトとの相性は?

そんなお話。

シアバターはどんなところで採れるどんな植物?

シアバターは日差しが強く乾燥した西アフリカが原産の植物です。シアバターノキと呼ばれるアボカドに似た果実の種から採れるオイルです。

手のひらにのせるとトロリと液状になることからシアオイルではなくシアバターと呼ばれています。

手の平にのせるとドロリと溶けていくのがわかります。

オレイン酸とステアリン酸が多く含まれ、ヒトの皮脂と似ていることが特徴。お肌に塗ると非常になじみやすくしっかりとうるおいを守ってくれます。

ヒトの皮脂に似てなじみやすいシアバター。大きく分けるとシアバターは2種類あります。その2種類とはどんなものでしょうか?

シアバターの種類とその特徴にあったハンドクリームなどの商品とは?

お肌の保湿に欠かせないシアバター。
アフリカのガーナなどでは古くからお肌に塗るのはもちろんのこと、燃料や食料、傷ややけどの治療などなど様々な用途で利用されていました。

お肌に馴染みやすく酸化もしにくいことから最近ではボディクリームやフェイス用、ハンドクリームなど様々な保湿系スキンケア商品に利用されています。
また、髪にもやさしいオイルで包んでくれることからヘアケア商品にも多く配合されています。

シアバターには種類があり、精製シアバター未精製のシアバターがあります。
精製シアバターはシアバターの種から抽出したものに含まれている不純物を取り除いて作られます。

不純物とはいえお肌にとって栄養になるものや若干ナッツのような香りが含まれているので、オーガニック商品では未精製のものが好んで使われます。
しかし、未精製のシアバターは不純物のせいでお肌に刺激になることがあったり、製品によってばらつきがあります。

精製シアバターは栄養価が少ないとも言われますが、シアバターのお肌へのなじみやすさ、お肌をシットリうるおすちからはしっかりとあります。

そこで、モンモリロナイトと果実と花のハンドクリームでは製品によるばらつきや香りがない精製シアバターを選びました。

お肌をしっとりとうるおしてくれるシアバター。しかし、ハンドクリームに配合するのにちょっとだけ困ったことが。それはなんでしょうか?

シアバターとモンモリロナイトのべたつきや乳化などハンドクリームでの相性とは?

シアバターのお肌に馴染みやすく、しっとりとうるおいを守ってくれるちからは古くから現在まで様々な場面で私たちを乾燥から守ってくれました。

保湿にはぴったりのシアバターですが、ハンドクリームに配合するにあたりベタツキが出るのが問題でした。
ハンドクリームはかさついた手に塗った後、スマホやキーボード、お料理などいろいろな作業をすることが多くあります。
そんな時、しっとりはしているもののキーボードがべたべたになったり、スマホが指紋だらけに…。

また、もう一つの問題は、普通は混ざらないオイルとお水を混ぜてきれいなクリームをつくること。そのためにはお肌に刺激を感じる人もいる界面活性剤を配合しなくてはなりません。

そんな二つの悩みを解決してくれたのがモンモリロナイト。

シアバターとモンモリロナイトはお水を介して混ぜると界面活性剤を使わずにきれいなクリーム状にすることが出来ます。

これはモンモリロナイトの吸着というちからを利用したもの。とってもバランスが難しいのですが、お水とオイルの両方を吸着してきれいなクリームにすることが出来ます。

さらにモンモリロナイトに吸着されたシアバターはうるおい感はそのままにべたつかずさらりとした感触になります。

モンモリロナイトがお水も美容成分もくるみ込むことによりお肌に馴染みやすいシアバターの魅力を最大限に。それが実現できたのがモンモリロナイトと果実と花のハンドクリームです。

べたつかず、さらりとした感触なのにお肌のしっとりは長続き

ぜひお試しください。

モンモリロナイトを活用した商品、作れます
モンモリロナイトってなぁ〜に?
モンモリロナイトの未来を作る仲間たち