粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

kurumuのこと

KURUMU? くるむ? 包む?

Update 2013.11.29

KURUMU? くるむ? 包む?

こんにちは。
寒くなってきましたね。30にもなってスポーツをしているワタクシにとって怪我が怖い季節になりました。
みなさんもアップは入念に!(笑)たいらです。

さて、前回KURUMUのマークが漢字の「包」から来ているお話をしました。

「包む」を調べてみました。

ちょっと辞書を引用させていただいて。(yahoo辞書引用)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1 物を、紙や布などの中に入れてすっかりおおう。「風呂敷で―・む」
2 (多く受け身の形で)物をすっかり取り囲むようにする。「山中で霧に―・まれる」「火に―・まれた家」「事件はなぞに―・まれている」
3 心の中にしまっておいて外へ出さない。秘める。隠す。「―・まず話す」「悲しみを胸に―・む」
4 慶弔のためやお礼として、金を紙などにくるんで渡す。「車代を―・む」
5 堤を築いて水が外に流れ出ないようにする。〈新撰字鏡〉
[可能] つつめる

[用法] つつむ・くるむ――「荷物を風呂敷に包む(くるむ)」「包んで(くるんで)ある紙も黄色くなっている」など、物をおおう意では相通じて用いられる。◇「贈り物をきれいな紙で包む」「祝儀を包む」「謎(なぞ)に包まれた人」などのように、「包む」は何かがあるものを取り囲み、おおって中が見えないこと。これらは「くるむ」とはいえない。◇「くるむ」は布や紙などで巻いておおうこと。「赤ん坊を毛布でくるんで抱く」は全体をおおって見えなくするわけではないから、「包む」を使いにくい。

~~~~~~~~~~~~~~~引用ここまで~~~~~~~~~~~~~~~~~

「つつむ」と「くるむ」では違いがあるんですね。しらなかった!
おおって中が見えないと「つつむ」全体をおおうけど中身がちょっと見える場合は「くるむ」ね。ふむふむ
赤ちゃんの「おくるみ」なんて単語もありますよね。

要するに全体をふんわりくるむってことですね。

それと化粧品の「KURUMU」がどんな関係かなのか??
それはこのブログを読んでいるみなさんならご存じKURUMUの主成分、粘土のちからの説明が不可欠なのです!

粘土のちからはたくさんたくさんあるのですが、今回は「KURUMU」の名前の由来となった

被膜性

について簡単にご説明します。

KURUMUの製品をお肌に塗るとわかると思うのですが、心地よいハリを感じます。
なんとも独特な感覚ですがうすーいベールが一枚残る感じがします。

これが被膜性です。

このうすいベールが水分や保湿成分をお肌にとどめてくれます。
また、外部の刺激や乾燥を防いでくれます。

お肌に塗った感覚が気持ちいい。こころがほっこり。
ベールで守られてる感じ。

まさに母親が赤ちゃんをやさしく包む(くるむ)

そんなやさしさを皆様に伝えたくてついた名前が「KURUMU」なのです。

粘土のちからにみなさまもくるまれてみませんか??