粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

kurumuのこと

モンモリロナイトは種類がいくつかある byたいら

Update 2014.07.08

モンモリロナイトは種類がいくつかある byたいら

こんにちは。阪神5連勝中です。最近野球が楽しい。たいらです。

さて、先日も言った通り、ファクトブックなるものを制作中でして。そこで皆様にわかりやすくモンモリロナイトが化粧品にとっていい働きをたくさんしてくれるってことを説明できるように実験中です。

そして表題のお話。
KURUMUで使っているモンモリロナイトはモンモリロナイトの中でもNa(ナトリウム)モンモリロナイトと呼ばれるものです。
他にもCa(カルシウム)モンモリロナイト、Mg(マグネシウム)モンモリロナイトなど数種類あります。
その中でもNaモンモリロナイトは膨潤率が高く化粧品にぴったりなのです。膨潤のお話はこちらから 「」

そこで今回はKURUMUで使われているNaモンモリロナイトとCaモンモリロナイトを水に入れてどれだけ水を抱えるかを試してみました。
ちなみに両方とも水、モンモリロナイトの量は同じです。
IMG_1402
入れた直後です。すでに水の吸着が始まっています。

IMG_1405
これが1時間後です。
Caの方は膨潤し切った状態で、水が余ってしまっています。対するNaはまだ膨潤する余力が残っていて、乾いているところまであります。

同じモンモリロナイトでもこれだけ違いが出るんですねぇ。
今日の実験終了です。