粘土科学研究所

-

サイト内検索

カレンダー

Update 2019.05.24 Fri

粘土のこと

クレイパックなどに使われるモンモリロナイトの触り心地とは?

クレイパックなどに使われるモンモリロナイトの触り心地とは?

KURUMUがお肌にはこれ!と毎度毎度言っているモンモリロナイト。お肌の汚れを落とせるお話や保湿にいいなどのお話をしてきました。

洗顔によく使われるクレイ、モンモリロナイトは保湿にも効果が?

ダブル洗顔不要!モンモリロナイトの洗顔料

ダブル洗顔不要が一番。お肌の負担を減らそう

乳化作用でお水と油が混ざるのか実験をした結果は?

その中で「粒子が細かいから毛穴の奥まで入って汚れを落とします」とお話ししています。

モンモリロナイトの汚れの落とし方とは「水をたくさん抱え込むちからが強い」という特徴がもたらすもの。
水をたくさん抱え込むとはモンモリロナイトがどんな状態になっているのでしょうか?

ということで今回は

では乾いた状態のモンモリロナイトはどんなものなのか?

水を垂らしてみるととどうなるの?

それを触ってみると?

粘土細工の粘土のようにべたべたのかたまり?

もしくはザラザラ?

そんなお話。

モンモリロナイトの粉を乾いた状態で触ってみるとどんな感触?

モンモリロナイトを触ってみるとどんな感触なのか??

まずはサラサラの状態から触ってみます。
よくお客様には「ほんとに細かい!」や「なめらかで気持ちいい」などと感想をいただきます。実際に手に取ってみるとなめらかで細かく触っているとお肌になじんでいくような触り心地です。

なんで細かく、なめらかなの?

モンモリロナイトは火山灰からできたもの。火山灰は最初とげとげで少し大きい粒子のモンモリロナイトの元。それが長い時間や圧力など様々な要因を経て、少しずつ少しずつ研磨されていきます。

そして出来上がったモンモリロナイトは細かく、なめらかで美しい粉末が出来上がります。

モンモリロナイトがどうやってできたのか?詳しくはこちら

天然のクレイモンモリロナイトの不思議な特性はどうやってできた?

モンモリロナイトにお水を垂らしたものを触るとどんな感触?

次にモンモリロナイトにお水を垂らしてみましょう。
お水と出会ったモンモリロナイトはどんどんお水を抱きかかえます。そして湿ったモンモリロナイトのかたまりができます。

それを手の甲にのせて広げてみると…

モンモリロナイトにお水を垂らしただけにも関わらず、ほぼクリーム状になっています!オイルや保湿成分など何も加えていないのにモンモリロナイトクリームになり、しっとりと保湿感を与えてくれます。

モンモリロナイトにお水を垂らすとクリーム状になる理由とは?

それはモンモリロナイトはお水を抱きかかえるちからがとっても強いからです。

「トランプ構造」というトランプのカードが重なったようなカタチをしていて、そのカード一枚一枚の間にお水が入り込んでどんどん膨らみ「カードハウス構造」という特殊な構造を構築します。膨らんだ層と層の間にたくさんのお水を抱え込むことができるのです。

そのため、水を垂らすとすぐに水を抱きかかえて、かたまりになります。この特徴のおかげでモンモリロナイトはお水で流れやすい汚れまでどんどんと落としてくれます。

モンモリロナイトの保水力の強さを生かして洗浄できるものとは?

モンモリロナイトにはお水をたくさん抱え込むとても高い保水のちからがあります。
その特徴を生かしクリームウォッシュに配合されたモンモリロナイトが汚れをどんどん吸着して落としていきます。

前述にもでた粒子の細かさも手伝って、毛穴の奥深くまでしっかりと届き、毛穴に詰まった古くなった角質や皮脂などを根こそぎお掃除してくれます。

その結果お客様の中には一度使ったら「毛穴が目立たなくなった」「ワントーン白くなった」などのお声をいただくことも少なくありません。

毛穴の奥の黒ずみからつまりまで、モンモリロナイトの洗浄力でしっかりと洗い流し、KURUMUが目指す柔らか肌へ。

KURUMUクリームウォッシュ、詳しくはこちら

モンモリロナイトを活用した商品、作れます
モンモリロナイトってなぁ〜に?
モンモリロナイトの未来を作る仲間たち