粘土科学研究所

-

サイト内検索

カレンダー

Update 2019.04.18 Thu

口の中

30代で歯がボロボロに?ストレスや歯周病など歯が抜ける原因は?

30代で歯がボロボロに?ストレスや歯周病など歯が抜ける原因は?

「最近子供と一緒に10時くらいに寝ちゃうんだよね~」と失敗した感じでしゃべってますが寝たいから寝てます。

たいらです。

さて。

「人生100年時代」なんて言葉を最近よく聞きます。
実際に平均寿命は延びていて、健康に楽しく過ごせる年齢も伸びているそう。

なるべく長く健康に楽しく過ごすには熱中できる趣味があって、気兼ねなく過ごせる人と楽しく食事ができる…なんていうのが最高だと思います。

でも実は歯の寿命は100年よりもずっと短いって知ってましたか?

今回はなくなってしまうと取り返しのつかない歯の話。

どうして歯は抜けてしまうのか?

今から対策をしておかないと大変なコトに…。

むし歯以外に歯が抜けてしまう要因とは?

それを防ぐにはやっぱり○○が大切。

そんなお話。

30代でも抜けることがある歯を失う原因とは?

いつまでも楽しくご飯を食べるために必要不可欠な歯の健康。

ちょっとでも長く健康な自分の歯で食事をしたい…と思っていてもなかなか難しいもの。

というのも人間の歯の寿命は60年ほどと言われており、適切なケアをしていないと歯の寿命はさらに短くなってしまいます。歯が抜けてしまう原因は主に3つ。

その3つを詳しく見ていきましょう。

歯が抜ける原因① かみ合わせの悪さ

かみ合わせが悪いことや歯を食いしばるクセがあることや寝ている時の歯ぎしりなど、その時一回であれば負担はそこまでではありませんが、毎日の積み重ねで歯に負担をかけ続けていると歯の抜けてしまう原因になります。

歯が抜ける原因② ストレスによる歯や歯茎への負担

人間関係に悩みが多い…毎日あんまり寝れていない…暴飲暴食…などなど。

現代社会ではストレスとは切っても切れない関係です。

ストレスが過剰にかかると体にも悪影響が様々。

ストレスがかかると徐々に歯ぐきが下がることがあり、歯が抜けてしまう原因になってしまいます。

歯が抜ける原因③ むし歯や歯周病

歯が抜けてしまう一番大きな割合を占めるのが「むし歯や歯周病」です。

実に歯が抜ける75%と言われています。

むし歯を放置し、神経まで進行してしまうと、歯医者さんで歯を抜くことになってしまいます。

年をとって注意したいのが歯の根元。加齢とともに歯茎が下がってしまい、そこの部分からむし歯になることも。

歯周病は歯と歯ぐきの境目に汚れがたまり、炎症を起こしてしまうこと。

歯ぐきの出血や腫れから始まり、進行すると歯ぐきの中にある骨まで達して歯が抜けてしまいます。

以上が歯が抜けてしまう主な要因でした。

これらの原因が重なり、ケアを怠ると30代でも歯が抜けてしまうことも…。

特に歯の抜ける要因の75%以上はむし歯や歯周病ということ。それを防ぐため一番の予防法はなんといってもしっかりと歯を磨くこと!!!

60年ともいわれる歯の寿命を少しでも延命して、自分の歯でごはんを食べたいものですね。

でも、

じっくりと長い時間をかけてていねいに歯磨きをする時にちょっと気を付けたいことが。

それは歯磨き粉の選び方です。

もしアワアワの歯磨き粉を使っていたらちょっと気にかけてほしいことがあります。
その気にかけてほしいこととは?

もしかしたら怖いかも?毎日のあわあわ歯磨きが刺激になる?

100年自分の歯でおいしくご飯をたべるために一番大切なのは毎日の歯磨きです。

むし歯や歯周病は食べかすなどがたまってしまうことが始まり。

しっかりと丁寧に磨くことで食べかすなどを磨いて落とすことが大切です。

理想は10分ほどかけてすみずみまで歯を磨くこと。

そんな時アワアワの歯磨き粉を使っているとちょっと気になることが。

それは「アワアワの刺激」です。

歯を磨いた直後に何かを食べたり飲んだりするとおいしくない…そんな経験はないでしょうか?

それはミントの味が邪魔をしているわけでも勘違いでもありません。
歯磨き粉のアワアワがお口の中を傷つけてしまっているせいです。

お口の中は粘膜なのでお肌に比べてとってもデリケート。

アワアワのもとになっているのは石油由来の界面活性剤、それがお口の中を傷つけてしまうため味を感じづらくなり、食べ物がおいしくない…という現象が起こってしまいます。

石油由来の界面活性剤が長い時間お口の中にいると刺激も多くなってしまいがち。それが毎日毎日続くと思うと少しコワい…

少しでもお口の中の刺激を減らしていきたいものです。

とはいえ歯の寿命を延ばすにはじっくりと10分歯を磨くのが必要だし…。

だからこそ、歯磨き粉選びは慎重に選びたいもの。

お口の中を傷つけず、お口の中や体にやさしくしっかりと汚れを落とすことが出来る歯磨き粉。
そんな歯磨き粉を選んでいただきたいのです。

では、そんな歯磨き粉とはどんなものでしょうか?

歯が抜けるのを防ぐ毎日のケアにおすすめの歯磨き粉とは?

しっかりと長く歯を磨きたい。でもお口に、体にやさしく歯を磨きたい。

そんなときに活躍するのがモンモリロナイトを使った歯磨き粉です。

モンモリロナイトは天然の粘土の種類の名前。
泥温泉やクレイパックなどと呼ばれ、美容に活躍している粘土とほぼ同じ成分です。

モンモリロナイト最大の特徴は「吸着」というちからを使ってお口の中の汚れをきれいに落としてくれること。その吸着のちからはなんと口臭までもくるみ取ることが出来てしまいます。

さらにモンモリロナイトはとっても薄いヴェールを張ってくれるという特徴もあり、

歯磨き粉の素材として、とても優秀なのです。

そこでKURUMUはモンモリロナイトを使った歯磨き粉を作りました。

それが「モンモリロナイトと銀と水の歯みがき」

名前の通り、モンモリロナイトと銀と水だけで作ったシンプルな歯磨き粉です。

お口の中に害を及ぼす成分は一切入れてないので、長時間しっかりと歯を磨いてもお口の中を傷つけません。泡は立ちませんが、お口の中の汚れをきれいにさっぱりと落とすことが出来ます。

「モンモリロナイトと銀と水の歯みがき」の特徴

①泡が立たなくてもお口の中の汚れをしっかり落とせる
②モンモリロナイト独特のヴェールで歯がツルツルに
③汚れが付きにくい歯に仕上がる
④口臭も落としさわやかな息に
⑤歯を磨いた後に食事をしても味が変わらない

モンモリロナイトは天然の粘土なので「研磨することはないの?」と心配の声も上がります。
しかしなめらかでやわらかなモンモリロナイトは吸着して汚れを落とすのみで研磨するほどの固さはなく、モンモリロナイトが歯を削ったりお口の中を傷つけることもありません。

体にも歯にも、お口の中にもやさしく汚れを落とすモンモリロナイトの歯磨き。

歯だけではなくお口中全体や体までの健康を考える方にこそ使っていただきたい歯磨き粉です。

60年ともいわれる歯の寿命を少しでも延ばし100歳まで自分の歯でおいしいごはんを食べられるように
しっかりと丁寧に毎日10分の歯みがきを続けてみてくださいね!

【KURUMU流】歯をツルツルにする歯や歯茎の磨き方とは?

 

モンモリロナイトを活用した商品、作れます
モンモリロナイトってなぁ〜に?
モンモリロナイトの未来を作る仲間たち