粘土科学研究所

-

サイト内検索

カレンダー

Update 2019.03.26 Tue

口の中

モンモリロナイト歯磨きを使うと朝口がねばねばしない理由とは?

モンモリロナイト歯磨きを使うと朝口がねばねばしない理由とは?

先日ちょっと旅行をして、体重計に乗ったら80キロ近くてびっくり。

体重計の故障とします。

…明日から朝ランニングはじめます。

たいらです。

 

さて。

「モンハミ」ことモンモリロナイトと銀と水の歯みがき。

特徴は泡が立たないこと、そして味もほとんどしないこと。

そんな特徴から「ミントが嫌いだったから探していた!」や「界面活性剤(泡の元)は使いたくない」などのご感想をいただきます。

 

その中で今回注目するのは「夜モンモリロナイトと銀と水の歯みがきで歯を磨くと朝、息がさわやか」というご意見。

ということで今回は

なんで朝はお口がねばねば口臭が気になるの?

ミントも入っていないのに朝息がさわやかなのはなぜ?

モンモリロナイトの吸着のおかげ?

その吸着はにおいにも?

◆朝、お口がねばねばの原因と理由とは?

朝起きると口の中がねばねばしてキモチワルイ。その上口臭も気になってくる…そんな経験はないでしょうか?

ご飯を食べて8時間くらい経つと菌が増殖してしまいます。

朝はその菌の塊がねばねばになってお口の中にいる状態なのです。

 

また、睡眠中のお口の中は唾液の分泌が減ってしまうこともその一因に。

(お口のねばねばについて詳しくはこちら ↓)

口のねばねばの対策について、歯磨き粉など朝と夜の口臭予防方法とは?

 

そんな理由で、朝は菌が増殖して口臭やお口のねばねばにつながってしまうようです。

ではなぜモンモリロナイトと銀と水の歯みがきを使っているとお口さわやかに朝起きられるのでしょうか?

◆モンモリロナイト歯磨きで朝、息さわやかな理由① 長い歯磨きが可能

歯磨きのコツは長く丁寧に。というのが基本です。

歯医者さんによっては20分磨くこと!と言っているひとがいるほどです。

長い歯磨きをすることによって口臭やねばねばの元となる菌の増殖を抑えることが大切です。

しかし、長く歯磨きをしているとあわあわが口から垂れてきたり、辛くて磨くのが嫌になりがち。

 

そこで夜じっくりとモンモリロナイトと銀と水の歯みがきで歯を磨くと泡が立たず辛い思いをせずに済み、しっかりと長く歯を磨くとこができます。

 

気になる洗浄力もモンモリロナイトがお口の中の汚れや食べかすなどを吸着してしっかりと落とすので、ねばねばの原因をきちんと落とすことが出来ます。

少しでも起床時の口臭やねばねばの原因を抑えるのに、寝る前のモンモリロナイトが活躍します。

◆モンモリロナイト歯磨きで朝、息さわやかな理由② お口を潤わす成分

朝起きるとお口がねばねばして口臭が気になる要因の一つがお口の乾きです。

口が乾くと菌が増殖しやすく、ねばねばも増えてしまいます。

そこでなるべくお口の乾燥は防ぎたいもの。

しかし、よくあるアワアワの歯磨きはうるおいまでも落としてしまうのでお口の乾燥につながってしまいます。

モンモリロナイトはお口の汚れを落とすだけでなく、うるおいをたくさんくるみこんでくれるという特徴が。

 

「うるおい成分を取ることなく与える」ということまでしてくれるため、朝起きてもお口がねばねばではなくさわやかな朝が迎えられます。

◆モンモリロナイト歯磨きで朝、息さわやかな理由③ 臭いまで吸着

モンモリロナイトの吸着のちからはよごれを落とすだけではありません。

なんと匂いまで吸着することができるのです。

そのちからを利用して消臭剤に使われることもあるほど。

 

朝起きてお口が気持ち悪いのはねばねばになっていることもありますが、口臭も問題です。

ミントで臭いを上書きするのではなく、モンモリロナイトはにおいの根本からしっかりと吸着してくれるため、朝、さわやかな息が実現します。

◆モンモリロナイトが朝のお口をさわやかにしてくれる理由とは?

以上がなぜ「モンモリロナイトと銀と水の歯みがき」を使うと翌朝は息さわやかに起きれるかの理由3つでした。

 

3つの理由すべてにいえるのですが、泡やミントにごまかされず、ネバネバやにおいの根本にモンモリロナイトはアプローチして落としたり、においを吸着したりできるということ。

しかもモンモリロナイトは火山灰からできた大地の恵みともいえる体にも自然にもやさしい成分です。

 

ねばねばや口臭対策を根本から行い、さわやかな朝をモンモリロナイトで。

モンモリロナイトと銀と水の歯みがき詳しくはこちら


モンモリロナイトを活用した商品、作れます
モンモリロナイトってなぁ〜に?
モンモリロナイトの未来を作る仲間たち