粘土科学研究所

-

サイト内検索

カレンダー

Update 2019.02.08 Fri

スキンケア

クレイパックでおすすめなのは粉末状とペースト状どちら?番外編

クレイパックでおすすめなのは粉末状とペースト状どちら?番外編

中国の方では旧正月でお休みらしいですね。

2月1日は選手が練習を一斉に始める日なので、野球好きの間では「明けましておめでとうございます」という挨拶が飛び交います。

一つ無駄知識が増えましたね。

たいらです。

 

さて。

全三回に渡ってクレイパックは粉状とペースト状でどちらがおすすめか?
というお話をしてきました。

→ クレイパックでおすすめなのは粉末状とペースト状どちら? ①保湿感編
→ クレイパックでおすすめなのは粉末状とペースト状どちら? ②毛穴の洗浄力編
→ クレイパックでおすすめなのは粉末状とペースト状どちら? ③刺激、コスパ、お手軽さ編

粉状はクレイそのもの以外に何も入っていないので刺激のなさは粉状がよかったり(若干ですが…)、コスパもよかったり。

ペースト状は保湿成分やオイルがあらかじめ配合されているので、洗浄力や保湿感はペースト状のクレイパックに軍配が上がります。

 

しかし、ペースト状のクレイパックで気を付けたいことが。

 

ということで。

今回は粉末状とペースト状クレイパックでおすすめなのはどちら?番外編

 

ペースト状のクレイでもしっとりとするものとすぐに乾くものがある?

その見分けかたとは?

クレイの中でもしっとり長続きはどのクレイ?

そんなお話。

◆毛穴のケアにおすすめクレイパックのお肌が乾燥しない見分け方①

粉状のクレイはお水で溶いて自分でペーストをぐるぐると作ってそれをお肌に塗って…すると毛穴の奥まで洗い流しくれるクレイパック。

でもお肌にのせてしばらくするとクレイが乾き始めてお肌のうるおいまで奪ってしまうことがあります。

 

そこで乾燥肌の方にはペースト状のクレイパックがおすすめ

それはあらかじめ保湿成分やオイルなどお肌をしっとりしてくれる成分を配合しているから。

しかし、ペースト状のクレイパックの中には保湿成分やオイルが全く配合されておらず、お水とクレイと防腐剤のみというクレイパックもあります。

せっかくペースト状なのに毛穴のお掃除のみ、そしてしっとり感も欲しいのにお肌が乾いてしまうという結果に…

 

しかも粉状クレイパックの長所である防腐剤不使用もお水を配合しているので難しく、ほとんどの場合防腐剤を使用しています。

 

パッと見ではしっかりと保湿成分やオイルが入っているかどうかわからないペースト状のクレイパック。どうやって見分ければよいのでしょうか?

◆毛穴のケアにおすすめクレイパックのお肌が乾燥しない見分け方②配合成分

たっぷりと保湿成分やオイルが含まれ、お肌を乾燥させないクレイパックはどんなものなのか?

それを見分けるにはクレイパックのチューブをくるっと半回転。裏面を見てみましょう。

 

おそらく裏面にはいろいろな情報がある中、「全成分」という項目があるはず。

そこを見るとそのクレイパックに入っているすべての成分が書いてあります。

 

最初は水、そのあとに続く成分名よりも全体の長さがポイント。

保湿成分はヒアルロン酸やグリセリン、ソルビトールなど、オイルはオリーブオイルやスクワラン、シアバターなどなど。

ほとんどの場合保湿成分はいくつかの成分の組み合わせで行うので全体の長さは長くなりがちです。

 

乾きやすくなってしまうクレイパックの場合「水、クレイの名前、防腐剤」のみ。でとってもシンプルで短いのが特徴です。

◆毛穴をケアするクレイパックにおすすめのクレイの種類とは?

また、クレイパックでお肌が乾かないためにはクレイの種類もチェックしましょう。

クレイパックに使われるクレイはベントナイト、カオリン、ガスール、モンモリロナイト、琉球泥灰岩(クチャ)など。

 

お水とクレイ以外のものが入っていないクレイで、クレイ自身の保湿のちからが弱いとさらにお肌を乾かしてしまうパックになってしまいます。

 

クレイのちから以外は使わず、でも乾燥もしたくない!という方にはモンモリロナイトのクレイがおすすめです。

 

モンモリロナイトはほかのクレイと比べお水を抱えるちからが強く、クレイのみの配合でも簡単には乾きません。

また、毛穴の汚れを吸着するちからもしっかりとあるので毛穴すっきりのクレイパックとしてもおすすめできます。

◆天然のクレイはお肌を乾燥させてしまう時のおすすめなのは?

クレイは毛穴をしっかりと大掃除したり、お肌をうるおしたりしてくれるうえ、お肌にやさしいとっても優秀な成分です。

ただ、お肌にやさしい自然の素材のため、どうしても万能とは言えません。

洗浄力は界面活性剤に負けてしまうし、放っておいたら乾いてしまうこともあります。

 

そこでKURUMUでおすすめしているクレイパック「KURUMUモイスチャーマスク」。

ペースト状で保湿成分やオイルを配合しています。

保湿や洗浄に関してちょっとずつクレイ以外の成分にちからを借りて作っています。

 

また、「KURUMUモイスチャーマスク」で配合されているクレイはモンモリロナイト

お水を抱えるちから、毛穴の奥まで洗い流してくれるちからが強く、クレイパックにはぴったりです。

 

KURUMUが目指す「柔らか肌」へ。

クレイパックのスペシャルケアが導きます。


モンモリロナイトを活用した商品、作れます
モンモリロナイトってなぁ〜に?
モンモリロナイトの未来を作る仲間たち