粘土科学研究所

-

サイト内検索

カレンダー

Update 2019.02.15 Fri

スキンケア

モンモリロナイト洗顔の時短のおすすめの使い方とは?

モンモリロナイト洗顔の時短のおすすめの使い方とは?

久々に筋トレを始めたら腰痛がひどいです。運動は体にいいは嘘だと思います。

たいらです。

 

さて。

先日お客様からある質問をいただきました。

『「洗顔は1分かけましょう」って書いてあるけどすぐ流したら汚れは落ちないの?』と。

 

答えは…

 

落ちます!

 

ということで今回は

モンモリロナイトの洗顔は時間をかけないと落ちないの?

時短でやるときの注意点は?

長く洗顔をするとこんないいことが?

そんなお話。

◆モンモリロナイト洗顔の使い方はじっくりと時間をかけること?

モンモリロナイトがたっぷり含まれているKURUMUの洗顔料。

1分間かけてしっかりと汚れを落としていきましょう。とご案内しています。

 

じっくりとマッサージをするように洗顔をすると毛穴の奥までしっかりと汚れが落ち、ダブル洗顔いらずです。

 

しかし、毎日一分間というと結構長くない?というかたもいるハズ。

 

実はさくっと時短でしっかりと汚れを落とす方法が。

それはどんな方法なのでしょうか?

 

一分間じっくりと洗顔をするのがいいのはわかっているけれど…忙しいなか、遅く帰ってきてどうしても時間が取れない!

 

そんな方にはオススメの時短洗顔の方法はこちら ↓↓

  • 洗顔料を3センチほど手に取ります。
  • 顔全体に洗顔料を優しく塗ります。(この時泡を立てる必要はありません。)
  • ぬるま湯でやさしく落としていきます。

ポイントは急いでいてもガシガシ顔をこすらないこと。お肌への摩擦は刺激となって乾燥を招いてしまいます。

お顔に洗顔を塗るとき、ゆすぐとき、どちらもやさしくお肌を触りましょう。

そうするとどうでしょう?

お顔の汚れはもちろん、メイクまでしっかりと落とすことが出来ます。

 

じゃあ1分間なんて必要ないんじゃ…?と思う方も少なくないハズ。

じっくり洗顔とさくっと洗顔の違いとはどんなところにあるのでしょうか?

◆モンモリロナイト洗顔を時間をかけるときと時短でする時の違いとは?

じっくり時間をかけて洗顔をする場合とさくっと洗顔をする場合の一番の違いは汚れを落とせる範囲にあります。

 

モンモリロナイトの洗顔料はお肌にのせるとお肌の表面にある汚れから徐々にくるみとっていくので、順番で言うと

表面のほこりなどの汚れ→メイク→余分な皮脂→毛穴の奥の黒ずみ

と、徐々に落としていきます。

 

一番最後に到達する毛穴の奥まではどうしても時間がかかってしまうことも。

 

毛穴の黒ずみまでディープクレンジングするとなるとじっくりと時間をかける必要があります。

 

もう眠くて化粧を落としてすぐにでも寝たい!という時にはメイクと余分な皮脂を落とすまでで十分。

1分を待たなくともそこまでの汚れはしっかりと落としてくれます。

 

忙しくてどうしても…という時以外はしっかりと1分間かけてディープクレンジングをすることをおすすめしています。

 

というのも、毛穴の汚れはたまっていくと段々詰まって頑固な汚れに変身してしまいます。

そうなる前に日々のケアでこまめに汚れを落としていきましょう。

 

メイクから毛穴にたまった黒ずみまでしっかりと落としてくれるKURUMUクリームウォッシュ。毛穴の汚れまですっきりと落ちたお顔は翌朝ワントーン明るくなった!との声をいただくことも少なくありません。

KURUMUが目指す柔らかお肌には毛穴のデコボコや乾燥は大敵です。

 

まずはクリームウォッシュでしっかりと汚れやメイクを落とし、しっとりとうるおいを与えてあげれば透明感あふれる柔らかお肌に。

 

モンモリロナイトのちからで時短の洗顔も、クレンジングも、毛穴の奥のディープクレンジングも。

KURUMUクリームウォッシュ詳しくはこちら。

モンモリロナイトを活用した商品、作れます
モンモリロナイトってなぁ〜に?
モンモリロナイトの未来を作る仲間たち