粘土科学研究所

-

サイト内検索

カレンダー

Update 2019.04.12 Fri

スキンケア

ニキビの原因と予防に大切な毎日のケアとはどんな方法?

ニキビの原因と予防に大切な毎日のケアとはどんな方法?

体調がイマイチよくないところを数えたら8個ありました。多いですか?

一個でもよくなればいいと思いながら病院に行くほどでもないので星に願ってます。

たいらです。

さて。

KURUMUクリームウォッシュ、おすすめポイントの一つは毛穴の黒ずみまでしっかりとお掃除できるところです。

その秘密はモンモリロナイトの吸着が毛穴のすみずみまでしっかりと洗浄できるため。
洗い上がりはワントーン白くなると言われることも少なくありません。

毛穴が詰まってしまうと起こるお肌のトラブルの一つがニキビ。

今回は

ニキビはどうしてなっちゃうの?

赤とか白とかニキビの色ってなに?

ニキビ予防に大切なこととは?

そんなお話。

ニキビはどのように進行するのかイラストを使って解説

思春期に悩まされ、大人になっても気になるニキビ。どうしてなってしまうのでしょうか?

ニキビになってしまう原因は毛穴の出口がふさがってしまうこと。

ストレスや皮脂の過剰分泌、乾燥などで毛穴の出口がふさがってしまうと皮脂がたまって詰まってしまい、アクネ菌が増えニキビの出来上がりです。

詳しくニキビの進行をイラストと共に見ていきましょう。

⓪正常な状態の毛穴です。

毛穴には皮脂線と呼ばれる皮脂が分泌されるところがあります。
毛穴の出口が開いているので皮脂は詰まらずたまることもありません。

① ニキビになる直前の毛穴です。

毛穴の出口の皮脂がたくさん分泌されることや角質が厚くなることによって塞がって皮脂が出られない状況に

② ①で塞がった毛穴に皮脂がたまります。

アクネ菌は皮脂と密閉された空間が大好き。アクネ菌が増えたニキビは白く見え「白ニキビ」と呼ばれる状態に。

③ 増えたアクネ菌が暴れはじめ、炎症を起こします。

時には膿がたまったり赤く炎症を起こしているので「赤ニキビ」と呼ばれる状態に

④ 暴れたアクネ菌の炎症が広がると毛穴の壁が壊れてしまい、クレーターのようなデコボコになってしまいます。

毛穴がふさがることにより段々と広がって最後には跡になって残ってしまうことも。
そうならないために予防におすすめのケアとはどんな方法でしょうか?

ニキビケアに大切なケアの基本とは?おすすめの素材は?

ケアの方法は進み方によって様々で、進行が進めば進むほど大変になってしまいます。
特にクレーターまで進んでしまうと跡は一生残ってしまうことも…

そこで⓪や①のところで進行を止めるために予防に力を入れることがおすすめです。

一番最初にも書きましたが、ニキビは毛穴が詰まってしまうことによってできてしまいます。きっかけは皮脂が毛穴に詰まることから。

まずは毎日の洗顔でしっかりと余分な皮脂を取り除いてあげましょう。

そのためにおすすめなのはモンモリロナイトの洗顔料です。

モンモリロナイトは吸着というちからで汚れをくるみこんで落としてくれます。
そのちからはお水で流れる汚れだけでなく、油性の頑固な汚れにも有効で、皮脂を取り除くのは大得意。

しかもとっても滑らかで細かい粒子のため、皮脂がたまりがちな毛穴の奥までしっかりとアブローチ。
毛穴の奥に詰まりそうな皮脂をどんどん落としていきます。

また、皮脂の分泌が多い場合だけでなく乾燥によるターンオーバーの乱れも「大人ニキビ」と呼ばれるニキビでは原因に。

モンモリロナイトにはお肌のうるおいが嫌いで皮脂などは大好きという面白い特徴があるため乾燥対策まで同時にできてしまいます。

皮脂がたくさんでてしまうニキビから乾燥が原因の大人ニキビまで予防にはぴったりのモンモリロナイト。

洗顔のコツはゆっくりとやさしく顔を洗ってあげること。

モンモリロナイトの洗顔は泡に頼らずに汚れを皮脂を落としていくので泡を立てる必要はありません。
モンモリロナイトがゆっくりと皮脂をくるみこんでくれるのをじっくりと待ちましょう。目安は1分間ほど。

すると毛穴の奥までモンモリロナイトが入り込み、余分な皮脂をくるみこみ流れて行ってくれます。

皮脂は毎日分泌され、何かのきっかけでたまって毛穴を詰まらせてしまいます。ニキビの兆候が出る前に毎日モンモリロナイトで洗うことが大切です。

KURUMUが目指す柔らか肌。そのためには乾燥や毛穴のつまりは大敵です。それをケアするのにぴったりなのがKURUMUクリームウォッシュ。

柔らか肌のために、ニキビのケアのために。

KURUMUクリームウォッシュ詳しくはこちら

モンモリロナイトを活用した商品、作れます
モンモリロナイトってなぁ〜に?
モンモリロナイトの未来を作る仲間たち