粘土科学研究所

-

サイト内検索

カレンダー

Update 2019.04.22 Mon

スキンケア

タグ: ,

ニキビをつぶすと起こるリスクとつぶす場合の注意点とは?

ニキビをつぶすと起こるリスクとつぶす場合の注意点とは?

お酒が飲めません。
最近、なぜか飲む機会が2日連続でありニキビが口の下にできました。

気になって触るのはダメゼッタイ!ができません。

たいらです。

さて。

ココの記事で大人ニキビと思春期ニキビってどう違うの?というお話やニキビケアで大切なのは日々のお手入れです。なんてお話をしてきました。

出来てしまったときの対処方としてやってはいけないけれど、ついやりたくなってしまうのがニキビをつぶすこと。

ということで今回はニキビをつぶすのはいいこと?悪いこと?

ニキビをつぶすときのリスクとは?

もしつぶす場合に気を付けることとは?

そんなお話。

ニキビをつぶしてしまうと起こりうる怖いリスクとは?

白く膿が見えていまにもつぶれそう…そんなニキビ、潰したい気持ちをぐっと抑えて。

つぶさないことが大切です。

ニキビは毛穴に皮脂や古くなった角質などがたまって塞がってしまった状態。それが炎症を起こして赤くなり、最後には菌と白血球が戦った跡として膿が残るという流れ。

そんなニキビ、つぶすとどんなリスクがあるのでしょうか?

つぶすとコワーいニキビとは?

ニキビをつぶすリスク① 炎症が悪化してしまう

ニキビが赤く炎症を起こしている状態を「赤ニキビ」と呼び、ニキビの中でも痛くなったりかゆくなったり一番つらい時期。

炎症がある状態のニキビは気になるからと言って触るだけでも炎症が悪化してしまいます。
そこに潰すという行為があると炎症はさらに悪化しこじらせてしまうことも…。

ニキビをつぶすリスク② 跡に残りやすくなる

ニキビをつぶすことによって炎症が悪化して広がります。

そうするとニキビの菌がどんどん毛穴の細胞の壁を壊してしまい、元に戻すのが大変難しいクレーター状になってしまうリスクが。

ニキビをつぶす場合に注意するべき点とは?

ニキビをつぶすと炎症が広がったり、クレーターのように跡になってしまったりなど…リスクがたくさん。

とは言えどうしてもつぶしたい!そんな方にできるだけリスクを冒さずにできるニキビのつぶしかたとはどんな方法でしょうか?

ニキビをつぶす方法① ニキビをつぶすタイミング

ニキビは色によって白→赤→黄色と進行していきます。

ニキビの進行度別症状とおすすめの予防方法ケア方法とは?

その中でしいて言えばつぶしてもよいのが「白ニキビ」の時です。

白ニキビは炎症が起こる前の段階で、毛穴に皮脂などが詰まっているだけの状態。
もしどうしてもつぶしたい場合は炎症が起こる前の段階でつぶすのがおすすめです。

赤ニキビより進行してしまうとニキビの菌が毛穴の中で暴れだして炎症を起こしています。

つぶすことによって炎症が広がり、先ほどお話した事態になる可能性大です。

ニキビをつぶす方法② 清潔な状態にする

ニキビをつぶす時に怖いのが菌汚染によって炎症が広がってしまうこと。

ですから、もしにきびをつぶす場合は使用する道具をしっかりと滅菌処理をしましょう。

滅菌され、個包装された綿棒を使ってつぶすのがおすすめです。

また、清潔にするためにはつぶしたあとも大切です。

ニキビをつぶした直後は菌にも弱い状態なので抗生剤入りの軟膏を付けてあげましょう。

ニキビのつぶし方③ つぶすときに注意することとは?

炎症を起こしていない初期の白ニキビの時に滅菌された綿棒でというお話でした。大切なのは皮脂や古くなった角質などで詰まってしまった毛穴の詰まりを開放してあげることです。

ニキビは菌が増殖して炎症を起こすのが主な原因です。

ニキビの中で暴れまわる菌は密閉された状態が大好き。毛穴が皮脂などで詰まった状態だと増殖してしまうので「つぶす」というイメージよりも「出口をつくる」くらいのイメージで、詰まってしまった毛穴の密閉状態をやさしく開放してあげましょう。

ニキビをつぶす前に大切な日々の予防ケアとは?

以上がニキビをつぶすリスクとどうしても「ニキビをつぶしたい」という時に気を付けたい注意点でした。

出来ればニキビはつぶさないこと、つぶす場合も皮膚科医にやってもらうことが一番です。

ですが、触りたくなったりつぶしたくなったりという衝動は抑えられないときも…(私がそうです)

そんな時に注意するポイントをお話しました。

ですが、なによりも大事なのはニキビを日々のケアで予防すること。

しっかりと洗顔をして毛穴をできるだけ詰まらせないように、毎日コツコツとやさしく丁寧にケアをすると毛穴はなかなか詰まることはありません。

お肌にやさしく、毛穴をふさぐ皮脂や古くなった角質も毛穴の奥までしっかりと落とせる。そんなおすすめの成分がモンモリロナイト。

モンモリロナイトは界面活性剤のあわあわで汚れを落とすのではなく、自然のやさしいちからで皮脂や古くなった角質をどんどん磁石のようにくるみとってくれるのが特徴です。

また、とっても細かい粒子なので毛穴の奥までしっかりと掃除をすることが可能です。

ニキビができてしまった場合はなるべく触らず軟膏などを使ってケア。その前の予防にはモンモリロナイトでの洗顔がおすすめです。

KURUMUが目指す柔らか肌にニキビは天敵です。

毎日の洗顔をモンモリロナイトで毛穴の奥まですっきりと。

モンモリロナイトたっぷり配合のKURUMUクリームウォッシュ
詳しくはこちら

モンモリロナイトを活用した商品、作れます
モンモリロナイトってなぁ〜に?
モンモリロナイトの未来を作る仲間たち