粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

コラム

歯みがきした後、味が変わるのはなんで?

Update 2018.05.07

歯みがきした後、味が変わるのはなんで?

朝起きるとお口の中がねばねば。すぐに歯を磨きたい!そしてすぐに朝のコーヒーを飲む…コーヒーがおいしくなーい!(渡辺謙風)

でも困ったことがちょっとだけ。歯をみがいてすぐにお茶を飲んだりすると「おいしくない!」という経験が誰しもあるのではないでしょうか?

◆なんで歯みがきをした後味が変わるの?

歯みがき粉には種類によっていろいろな味があります。

王道のミント系のすっきりした味もあればガリガリ君味やたこ焼き味など変わった味や、イチゴやバナナ味など子供用の味もあります。

 

ほとんどのものが歯みがきをした後、すっきり感と共に少しの時間何かを食べたり飲んだりするとおいしくありません。

その原因がミントやその他の歯みがきの味が邪魔していると思っている人がいるかもしれません。

 

でも実は違うみたいなんです…

 

ほんとにミントが邪魔していないの?次章でちょっと試してみましょう。

◆ミントの精油+モンモリロナイトと銀と水の歯みがき

試しに「モンモリロナイトと銀と水の歯みがき」にミントの精油をポタっと垂らして歯をみがいてみました。

 

泡は立たないけれど味(香り)はいつもの歯みがきと一緒です。

むしろ、精油を直接一滴垂らしたので、いつもの歯みがきより辛いぐらいです。

磨きあがりも少しすっきり感が残っています。

 

すぐにみかんを食べます…

すると…

みがんがおいしい!

 

ミントの味(香り)が味を変えているわけではないことがわかりました。

◆ミントじゃない?味が変わる原因は?

ミントやハッカなどの香りや味が歯みがき後の味を変える要因ではないとしたらなんでしょう?

 

それは泡の成分、界面活性剤でした。

 

泡を立てて汚れを落とす効果がある界面活性剤は多くの歯みがきに使われています。

 

しかし界面活性剤は刺激があるものが多く、スキンケア商品では、高価ですがなるべく刺激が少ないものを使ったり、全く使わないものなどもあります。

しかし歯みがきとなるとその数はグッと減ってしまいます。

なぜならどうしても歯みがきは安価なものがたくさんあり、安価な歯みがきには安価な界面活性剤を使用せざるを得ません。

その界面活性剤がお口の中を傷つけているせいで味が変わってしまうのです。

 

傷がついてしまったお口の中はどこかをぶつけて痛んでしまったときと同じように、少し時間が経てばおいしくご飯を食べることができます。

しかし、毎日毎日お口の中を傷つけていると思うと少し怖くなってきます。

 

なるべくなら泡の成分は完全に不使用で。そして作ったのが「モンモリロナイトと銀と水の歯みがき」です。

◆モンモリロナイトを使った歯みがきは?

私たちは長年モンモリロナイトを使ってさまざまな商品を作り続けてきました。

モンモリロナイトにはデリケートな部分を傷つけることなく、汚れを絡めとる機能があります。

 

モンモリロナイトを使って歯みがき粉を作れば、怖い界面活性剤を使わなくてもお口の中の汚れをキレイに取り除け、安全に歯を美しく保てるのではないかと考えました。

そこで実際に作ったのが「モンモリロナイトと銀と水の歯みがき」です。

 

安価な界面活性剤を使用した歯みがきに比べればちょっとお値段が高めですが、お口の安全に気を使う意識の高い方にご満足いただければと思い作りました。

 

一度使っていただければ、その違いに納得してもらえると思います。