粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

コラム

乾燥肌や混合肌など肌タイプ別の特徴とケア方法とは?

Update 2018.12.13

乾燥肌や混合肌など肌タイプ別の特徴とケア方法とは?

こんにちは。デリケートで弱い自分を演出して敏感肌と思いたいけれどそこまでお肌が弱くありません。たいらです。

さて、今回のお話はお肌のタイプのお話。

 

お肌は一人として同じ人はいません。しかし、傾向をタイプとして分けることが出来ます。

スキンケアで大事なのはタイプを自覚すること。そしてタイプによってケアの方法を変えること。。

タイプ別のケアの方法とはどんなものでしょうか?

そんなお話。

◆ケアの仕方を間違えてしまうと逆効果?お肌のタイプとは?

性格が温厚な人や怒りっぽい人、臆病な人…

人の性格は十人十色と言いますが、お肌の状態も十人十色

十人十色あるお肌の状態を「水分が多い状態なのか?」「少ない状態なのか?」「皮脂が多い状態なのか?」「少ない状態なのか?」

5つに分けて自分はどのお肌なのかを自覚することが大切です。

それがしっかりわかっていないとせっかくのスキンケアが逆効果になることも。

例えば皮脂の分泌が多い人に乾燥肌向けの保湿成分をたくさん塗ってニキビができてしまったり。トラブルが増えてしまいます。

 

まずは5つあるお肌はどんなタイプか?ご紹介していきます。

 

●油分も水分も少なくてカサカサ。「乾燥肌」

乾燥肌はお肌の水分も皮脂も少ない状態のお肌です。

常にカサカサ状態のため、お肌のバリア機能が効かなくなっていることも。バリア機能が低下したお肌は刺激に弱くなっている状態。お肌のトラブルが増えやすくなっています。

 

水分も皮脂も足りていないのでどちらもバランスよく補給してあげることが大切です。

しかし、お肌のバリア機能が弱くなっているので、刺激があるとお肌が荒れることも。

パッチテストなどでお肌に合うかどうか調べてからスキンケアを使うことがよさそうです。

 

●トラブルも少なく理想の水分、油分バランス。「普通肌」

お肌の水分も皮脂の量もちょうどいい状態です。

特にお肌のトラブルもなく理想の状態と言えます。比較的新しい刺激にも強い状態なので新しい化粧品を試すのにもいいタイミングです。

 

お肌は理想の状態なのでこのままのケアを続けることが重要。季節の変わり目や体調が悪くなった時などお肌の状態は変わってしまうのでそれに合ったケアを心がけましょう。

 

●脂っぽいのに乾燥。コントロール難。「混合肌①(水分少なめ、皮脂多め)」

皮脂が多めに分泌されるTゾーンは油っぽく、ほほは乾燥してカサカサというタイプです。

20代後半から30代に多いのがこのタイプで、一方は乾燥一方はべたべたとコントロールしづらいのが特徴です。

水分と皮脂のバランスが崩れているのでバリア機能も弱まっている場合が多く、注意が必要です。

 

水分が少なめのタイプなのでまずはしっかりと化粧水で水分を補給。

美容液やクリームはTゾーンには少なめに塗る、ほほには重ね付けするなど場所によって調整することが必要です。

 

●めずらしいタイプ。シットリなのに皮脂足りず。「混合肌②(水分多め、皮脂少なめ)」

実際にはあまりいないこのタイプ。

キメが細かく、うるおいがあるのに皮脂が十分でないのでお肌は非常にデリケート。摩擦や汗など外からの刺激に弱くすぐにかゆみを感じてしまいます。

 

全体的に皮脂が少なくなっている状態なので油分の入った化粧水を使うことやクリームなどでしっかり油分を補給してあげると〇!

 

●あふれ出る青春の証。ニキビに注意。「脂性肌」

思春期から20代前半に多いのがこのタイプ。

水分も皮脂も多い状態でしっとりとうるおってはいるものの、分泌が多い皮脂が毛穴に詰まってしまうことが。

その結果、ニキビを引き起こしたり、炎症になってしまうこともあります。

 

多すぎる皮脂はしっかりと洗顔して落としてあげることが重要です。

多すぎる皮脂が毛穴を広げて毛穴開きになることもあるので引き締め効果がある化粧水がおすすめです。

◆お肌の水分と皮脂のバランスが崩れた時にはモンモリロナイトがおすすめ

以上が5種類のお肌のタイプでした。

水分と皮脂、このバランスが崩れるとバリア機能が低下して肌荒れにつながってしまいます。注意したいのはどうしてお肌が荒れたのか?

水分も皮脂も、少なくても多くてもお肌はデリケートになってしまいます。

ですから自分のお肌は何が多くてor少なくてデリケートな状態なのかを知ることがとっても重要。

皮脂が多い状態なのに油分多めのケアをすると逆効果になることも。

 

KURUMUでは水分と皮脂のバランスが崩れてしまいバリア機能が弱まることに注目。

弱まってしまったお肌のバリア機能をケアしてくれるモンモリロナイトの「守る」ちから。

 

モンモリロナイトがたっぷりと配合されたKURUMUシリーズはお肌に塗るとすごーく薄いヴェールを張ってくれます。

水分と油分のバランスが崩れ、バリア機能が弱まったお肌は刺激に弱い状態。

そこにモンモリロナイトのやさしいヴェールがお肌のバリア機能のさらに外側にセカンドスキンとしてくるんであげることにより刺激から守ってくれます。

 

乾燥肌も混合肌も、しっかりとモンモリロナイトのセカンドスキンで刺激から守ってくれるKURUMUスキンケアシリーズ