KURUMU

-

サイト内検索

カレンダー

Update 2020.04.28 Tue

スキンケア

マスクによるニキビや肌荒れなどの肌トラブルにおすすめのケア方法とは?

マスクによるニキビや肌荒れなどの肌トラブルにおすすめのケア方法とは?

コロナの感染予防のために増えているのが手洗いと消毒。
それが乾燥につながるのでハンドクリームのお話をしました。

手が乾燥しがちな手洗いや消毒後におすすめのハンドクリームとは?

そしてもう一つ、していない人を探すのが困難なくらい増えているのがマスクをする人です。
しかしマスクをすると口の周りにニキビが増えた…
発疹が増えた…
肌荒れが多い…
という経験はないでしょうか?(私もそうです。)

ということで今回は

マスクで肌荒れが起きる理由とは?

それを防ぐにはどうする?

マスクによる肌荒れやニキビなどの肌トラブルの原因とは?

マスクをつけているとお肌のトラブルが起こるのはなぜでしょうか?
ケアをするには原因をまずは探っていきましょう。

マスクによる肌トラブルの原因① 摩擦による肌荒れ

マスクをして普段通りの生活をしたり、つけたり外したりをしているとどうしてもマスクと肌が擦れることが多くなります。
お肌のトラブルの大きな要素の一つが摩擦による刺激です。
マスクの素材で多く使われている不織布などは思ったより硬い素材でできているため、摩擦による刺激が結構強め。

特に敏感肌の方などはお肌がマスクにより傷がついてしまい肌荒れに…
しかも放っておくと角質が厚くなってしまいニキビにつながってしまうことも。

マスクによる肌トラブルの原因② 密閉していることによるムレ

マスクを長時間しているとマスクの中は湿気多めで蒸れてしまいます。
乾燥肌には湿気が多いことはいいコトづくめと思われがちですが、それは大きな間違い。

水蒸気で充満したマスクの中は外した時にすぐに蒸発。お肌に元々あったうるおい成分まで飛んでいって乾燥肌に。
(お風呂上りに乾燥するのと同じ原理ですね)

そして見逃せない悪いことも。
それは雑菌の繁殖です。
特にニキビ菌は嫌気性といって空気がない状態だと悪さをして、繁殖もしてしまいます。

マスクによる肌トラブルの原因③ 素材とお肌が合わない

不織布、ガーゼ、ウレタンなどなど。
素材によっては肌質と合わずに肌荒れになることがあります。

特に毛羽立ちの目立つ素材だと合わない人が多い傾向が。
また、マスクと触れている部分はうるおい成分を吸い取ってしまい、乾燥肌の心配も。

ではお肌のトラブルをなくすためにマスク選びで気を付けることとはなんでしょうか?

肌トラブルが起きにくいマスク選びで気を付けることとは?

お肌に擦れやムレがあったり、素材が合わなかったりなどお肌のトラブルの原因は様々。
その多くはマスクの選び方や一工夫で少なくすることが可能です。

マスクは柔らかい素材のガーゼがおすすめ。柔らかいことで摩擦を抑えられお肌のトラブルになりにくくなります。
不織布の場合でも、間にガーゼをはさむという技も。
不織布とお肌の間でクッションの役割をしてくれるのでお肌に優しく使えます。

でも、いくらやさしい素材のマスクを使ったとしても摩擦やムレなどをゼロにすることはできません
そんな時に大切なのは荒れたお肌をしっかりとケアしてあげること。
マスクの肌荒れのケアはどんなものがいいのでしょうか?

マスクによるニキビや肌荒れにおすすめのケアとは?

摩擦やムレによってできるニキビや吹き出物は、乾燥によるバリア機能の低下が関係しています。
バリア機能の低下は水分が逃げやすくなり、さらに乾燥してしまうこと、刺激をシャットアウトもできないので更なる肌荒れにつながってしまいます。

そこで大切なのがお肌をしっかりとうるおしてあげることです。

お肌がうるおいたっぷりの状態は摩擦による刺激にも強くなりトラブルが起きにくくなります。

おすすめなのはモンモリロナイトによるヴェールの保湿です。

KURUMUのクリームやローションは保湿成分をたっぷりとモンモリロナイトが吸着したままやさしいヴェールとなってお肌をくるみこみます。
マスクにより乾燥しがちなお肌を常にヴェールでうるおいを補給し、お肌のトラブルから守ります。

また、ヴェールにくるまれたお肌はすべすべで摩擦の影響を受けにくくなるといううれしいちからも。

マスクをする機会が増えている昨今ではありますが、お肌のトラブルまで増やすのはどうしても防ぎたいもの。

しっかりとスキンケアをしてマスクをしながらでも赤ちゃんのような柔らか肌へ。モンモリロナイトが導いてくれます。

モンモリロナイトってなぁ〜に?