KURUMU

-

  • TOP
  • モンモリロナイトラボ
  • クレイパックでおすすめなのは粉末状とペースト状どちら? ③刺激、コスパ、お手軽さ編

サイト内検索

カレンダー

Update 2021.01.05 Tue

スキンケア

クレイパックでおすすめなのは粉末状とペースト状どちら? ③刺激、コスパ、お手軽さ編

クレイパックでおすすめなのは粉末状とペースト状どちら? ③刺激、コスパ、お手軽さ編

今更ながら「パプリカ」っていい曲ですね。
子供も踊るし音楽の趣味が偏ってるワタクシが聴いても気持ちが前向きになる。米津玄師すげー。
たいらです。

さて。

KURUMUでおすすめしているクレイの種類はモンモリロナイト。
モンモリロナイトのちからには汚れを「落とす」うるおいを「届ける」そして乾燥から「守る」という特徴があります。

クレイと言えばクレイパックというイメージが強いですが、モンモリロナイトもクレイの一種。
落とすちから、お肌にうるおいを届けるちからを生かしたクレイパックにおすすめです。

そんなクレイパックも種類がたくさん。

そんな数あるクレイパックを大きく「粉末」と「ペースト状」の2種類に分けて比べていきます。

そんなわけで今回もクレイパックは粉状とペーストどう違う?

それを

●お手軽さ
●コスパ
●保湿感
●刺激
●洗浄力

5項目のうち「お手軽さ」「コスパ」「刺激」についてどっちがおすすめか?

を解説していきます。

保湿感についてくらべたのはこちら
クレイパックでおすすめなのは粉末状とペースト状どちら? ①保湿感編

洗浄力について比べたのはこちら
クレイパックでおすすめなのは粉末状とペースト状どちら? ②毛穴の洗浄力編

そんなお話。

毛穴のケアにおすすめなクレイパックは粉末とペースト状どちらがお手軽?

粉状とペースト状のクレイパック第一ラウンドは「お手軽さ」です。
いくらお肌によい成分たっぷりでも使い勝手があまりよくないと手が伸びなくなってほこりをかぶってしまうということも…。

そこで粉状とペースト状のクレイパックのお手軽さはどちらがおすすめでしょうか?

まずは粉状とペースト状の使い方を確認。

粉状のクレイは小さめのボールを用意して、そこに粉を入れてお水を入れてきれいに混ぜて…それをお顔に塗ってしばらくしたら乾かないうちにぬるま湯で落とす。


という流れ。

対するペースト状はそのままお顔にぬってしばらくしたらぬるま湯で落とす。

という流れ。

どうしても粉状のクレイはお水で練ってという作業が必要になるので「お手軽さ」ではペースト状に軍配。

クレイパックの粉末とペースト状、どちらがコスパがよい?

クレイパック粉状とペーストの違いとおすすめはどっち?4つ目のテーマはコスパです。

まずは両陣営

クレイの粉はガスールが150gで税込み1944円、モンモリロナイトの粉末は40gで432円。
ペースト状のクレイパックKURUMUのモイスチャーマスクは80gで4000円とペースト状の方が割高。

それは粉末のクレイパックはお水を混ぜたりと手間がかかる反面、ペースト状のクレイパックはすぐに塗れること、そしてクレイ以外にも様々な成分が入っていることから少し割高になっています。

ということでコスパ対決はペースト状のパックの混ぜる手間がお値段に乗っかって、ちょっと手間が必要な粉末のクレイパックに軍配があがります。

クレイパックの粉末とペースト状、お肌にやさしいのはどっち?

お肌は刺激を受けてしまうと乾燥してしまったり、もっとヒドイと赤く炎症を起こしてしまったりとお肌トラブルになってしまいます。
お肌の刺激という意味ではどちらのクレイパックが優しいのでしょうか?


クレイパック刺激のポイントは防腐剤にあります。

スキンケア商品にはさまざまな防腐剤がありますが、多かれ少なかれ多少の刺激が出てしまいます。とはいえスキンケア商品は腐ってはいけないので入れざるを得ないのが防腐剤です。
しかし一つだけ防腐剤を入れずに済む方法が。

それはお水を使わないこと。つまり粉末状のクレイパックの場合、全く水分を含んでいないカラカラの状態。そこにお水を入れて作りその場で使ってしまうのでフレッシュな状態で腐る前に使いきってしまいます。水分が全くないと粉末の状態では菌は増えることが出来ず腐ることもない。なので防腐剤は必要ありません。

対するペースト状のクレイパックはうるおい成分やそのほかにも水分がたっぷり。腐りやすくなっているので防腐剤は必須で、その分若干ですがお肌の刺激が多くなってしまいます。

粉状VSペースト状のクレイパック。ほんの少し、お肌の刺激は粉末のクレイパックの方が少なく軍配が上がります。

粉末とペースト状のクレイパックおすすめなのはどちら?

以上5項目を3回の記事にわたってクレイパックの粉状のものとペースト状のものを比べてきました。

粉状のものは水すら入っていないまっさらな状態。だから防腐剤や界面活性剤も入っていないので刺激もありません。ですが保湿力や洗浄力もクレイのちからのみでは足りない場合もありました。

ペースト状のクレイパックはうるおい成分やオイルもあらかじめ配合されているので洗浄力や保湿力に軍配は上がります。ただ、いろいろ成分が入っている分少しお値段が高くなってしまいコスパは悪くなります。刺激についても防腐剤が入っている分少しだけ粉状のクレイパックよりも多くなってしまう傾向が。

ただ刺激に関しては比べれば若干…というくらいなのでほとんどの人は問題なく、粉状のクレイパックの手間などを考えるとKURUMUではペースト状のクレイパックをおすすめしたいと思います。

乾燥や洗浄力は形状も大切ですが、使っているクレイの種類も大切。
クレイのくるみ取るちからが弱い種類はすぐに乾いてしまったり、洗浄力が少なかったりということも。

KURUMUが自信をもっておすすめするクレイパック「モイスチャーマスク」はペースト状で水分、美容成分をたっぷりとモンモリロナイトに含ませています。


あらかじめ保湿成分がたっぷりと含まれていること、モンモリロナイト自体が保湿成分や水分をたくさんくるみこめることから、塗ってしばらくするとひび割れてお肌まで乾燥ということはありません
また、オイルも良質なスクワランが配合され、乳化するちからも強いモンモリロナイトがたっぷり配合され、毛穴の黒ずみをしっかりと洗い流してくれます。

KURUMUモイスチャーマスクの使い方や毛穴までしっかり落とせるメカニズムについて詳しくはこちらで

毛穴のケアからしっとりとしたうるおいまで与えるKURUMUモイスチャーマスク

ご購入はこちら