KURUMU

-

サイト内検索

カレンダー

ピックアップ

人気記事

Update 2021.01.13 Wed

スキンケア

毛穴のケアにクレイパックがおすすめの理由とは?

毛穴のケアにクレイパックがおすすめの理由とは?

テレワークって響きに憧れます。でも家と会社の距離がチャリンコで5分なのでどっちでもいいのが本音です。
たいらです。

さて。

「クレイパック」と聞くとみなさんが持っているイメージは「毛穴のケア」という人も少なくないかもしれません。
バラエティショップなどを見てみるとほとんどのクレイパックには毛穴ケアや黒ずみ洗浄に!などという文字が躍っています。
実際にクレイパックはいちご鼻みたいにデコボコになっちゃった…触るとザラザラ、黒く目立つ…なんていう毛穴のケアにはぴったりです。

ということで今回は

クレイパックがなんで毛穴ケアにいいの?というお話。

クレイパックが毛穴の黒ずみ目立ちにオススメな理由とは?

クレイパックの毛穴ケアでの弱点とは?

その弱点を補って余りあるモンモリロナイトのクレイパックとは?

そんなお話。

クレイパックが毛穴の黒ずみ目立ちにおすすめの理由とは?

朝起きて顔を洗って、スキンケアしてファンデーション。
はぁ…今日も毛穴が目立ってテンションダウン…。

そんなときは毛穴に古くなった角質や酸化した皮脂が詰まって黒く目立ってしまった状態です。

指で触ってもわかるくらいにデコボコがあるとちょっとやそっとのケアでは取れない黄色信号。
いくら毎日の洗顔を頑張ってやってもなかなか取れないどころか、ゴシゴシ顔を洗ったり、洗浄力の強い洗顔料で顔を洗うと皮脂をとりすぎたり刺激になって炎症などなど逆効果になることも。

クレイパックは普通の洗顔と違い、クレイが持つ独特の「吸着」というちからを使って汚れを落とします。
クレイの持つ吸着は、水分から油分や古くなった角質まで様々なものをくるみ取ってくれる特性があり、毛穴の黒ずみを落とすのにはとってもおすすめ。

しかもクレイは粒子がとっても細かいという特徴も。クレイは毛穴と比べるとなんと200分の1。
そのため、毛穴の奥まで入り込み黒ずみを吸着のちからで落としてくれるのです。


しかし、毛穴の黒ずみケアにぴったりのクレイパックにも注意点が。
それはどんなことなのでしょうか?

クレイパックの毛穴の黒ずみケアで注意すべき点とは?

粒子が細かく、毛穴の奥まで入り込んで大好物の黒ずみをどんどんくるみとってくれるクレイパック。
そんなクレイパックも気を付けなくてはいけないことが少しだけ。

その注意点とは乾燥です。
皮脂などの汚れをドンドン取ってくれるのがクレイの特徴ですが、パックとしてお顔にのせていると少しずつ乾いていってしばらくするとひび割れのようにパック自体が乾燥してしまいます。

カラカラになったクレイは水分を求めるようになり、空気中やお肌からうるおいを吸着してしまいます。
あまり長くお肌にのせていると今度は逆にクレイにうるおいを取られてしまうことも。

多くのクレイパックの注意書きに「あまり長くお肌にのせないでください」と書いてあるのはそのためです。
お肌の乾燥も黒ずみとは違う理由で毛穴の目立ちになることもあり、結果逆効果に…なんてことも考えられます。
では、毛穴の大掃除をしてくれ、乾燥も招かない。そんなクレイパックはあるのでしょうか?

乾燥を招かないモンモリロナイトのクレイパックとは?

毛穴の黒ずみをしっかりと落としてくれる反面、使い方を間違えると乾燥を招いて結果的に毛穴の目立ちにつながることがあるクレイパック。
しかし、クレイの中には乾燥を招かないどころか、うるおいをお肌に与えてくれるクレイがあります。
それが国産のモンモリロナイトのクレイパックです。

国産のモンモリロナイトは他のクレイと比べ、とてもたくさんの水分を包み込むちからがあります。

その他の代表的なクレイ「カオリン」と試した時がこちら

これを見てわかるように、たくさん水分を抱え込むため簡単には乾燥しません。
それどころかうるおいたっぷりでお肌にずっと乗っているのでうるおいをとどけるちからにもなります。

そのため国産のモンモリロナイトのクレイパックをしたお肌はうるおいもたっぷり。
次の日の朝、きめが細かくお化粧のノリがよかった!と声をいただくのがモンモリロナイトをたっぷりと使ったKURUMUモイスチャーマスク。

乾燥を招かない気になる使い方やモンモリロナイト以外の成分などはこちらから

モンモリロナイト以外にもうるおい成分やお肌にうれしい植物エキスもたっぷり配合。使用後はぷるぷるすべすべ、ワントーン白いお肌に導いてくれます。

KURUMUモイスチャーマスク購入はこちら