KURUMU

-

サイト内検索

カレンダー

ピックアップ

人気記事

Update 2021.05.13 Thu

スキンケア

泡立て不要でお肌にやさしいクレイ洗顔の特徴とは?

泡立て不要でお肌にやさしいクレイ洗顔の特徴とは?

全然関係ない「クレーム」とかの言葉が「クレイム」に見えてクレイ!と認識しそうになります。
クレイでノイローゼになりかけです。(なってない)
たいらです。

さて。

以前よりも本当にクレイが浸透している昨今。
バラエティショップやテレビなどでも見る機会がとても増えました。
用途の中心はパックや洗顔。
なんとなーくお肌によさそうとは思っていても、なにがどういいのよ?クレイ?
という人も少なくないハズ。

ということで今回は

クレイ洗顔ってなに?というお話。

クレイと泡の洗顔の違いとは?

クレイ洗顔に使われるクレイはどんなもの?

クレイ洗顔で顔を洗い続けるとお肌はどうなる?

そんなお話。

クレイ洗顔の汚れを落とす特徴とは?

クレイはお肌にいいイメージがあったり、反対につっぱるというネガティブなイメージを持っている人もいるのでは?
そんなクレイを使った洗顔とはどんなものでしょうか?特徴を見ていきましょう。

まず他の洗顔とクレイ洗顔の一番大きな違いはお肌の汚れを落とす方法が違うこと。

クレイはアワアワの元である界面活性剤で汚れを落とさず、クレイ自体の吸着というちからを使って汚れを落とします。
クレイは界面活性剤ほど洗浄力が強くはありませんが、天然の成分のためお肌にやさしく汚れを落とすことが出来ます。

また、粒子の細かさから毛穴ケアにもよく使われています。
しっかりと毛穴の奥までアプローチできるので、気になる毛穴の黒ずみもすっきり落としてくれます。

ただしクレイ洗顔の種類によってはクレイの洗浄力に頼らずたくさん泡が立つものも。
そうするとクレイ洗顔の特徴であるお肌へのやさしさよりも界面活性剤の脱脂力が勝ってしまうこともあります。

泡が立ったとしても、その泡はサポートくらいに使われているクレイ洗顔を選ぶのがポイントです。
ではお肌にやさしい洗顔料に使われるクレイとはどんなものなのでしょうか?

やさしく汚れを落とすクレイ洗顔に使われるクレイとは?

泡とは一味違ったちからで汚れを落としてくれるクレイ洗顔。
ではクレイ洗顔に使われているクレイとはどんなものを指すのでしょうか?

クレイ(Clay)は一言でいうと、と~っても細かい粒子の石の仲間です。

石と言ってもクレイの始まりは火山灰。火山灰がいろいろな条件を経て粒子が細かく滑らかになるとクレイの出来上がり。
長い時間やいろいろな条件を経る中でクレイの吸着して汚れを落とすちからやミネラルなどの特性が出来上がります。

クレイ洗顔に使われるクレイには
粒子が特に細かく、保水力が強いモンモリロナイト


モロッコで取れる手作りコスメにぴったりのガスール

白くて吸着のちからもあるカオリンなどがあります。

クレイ洗顔を続けるとお肌はどう変わる?

お肌にやさしく汚れを落としてくれる不思議な石の一種であるクレイ。
その特性を生かしたクレイ洗顔を使い続けるとお肌はどんな風に変わるでしょうか?

なんといっても一番期待したいのが毛穴の黒ずみ除去です。
粒子が細かくしっかりと皮脂を吸着してくれるため毛穴のケアにはぴったり。

しかし「いちご鼻」と呼ばれる鼻の毛穴がポツポツと目立つ状態はかなりガンコ。一度使ったくらいではなかなか落ちず、毎日のケアがポイント。

そんな時も日々の洗顔で毛穴ケアもできるクレイ洗顔がおすすめ。
毛穴ケア専用パックなどのスペシャルケアをしなくても気軽に黒ずみ対策ができてしまいます。

毎日の洗顔で常に毛穴の黒ずみをお掃除できるので予防にもぴったり。
使い続けることにより、目立ってしまう黒ずみから一見すると目立たない汚れまでしっかりと落としてくれるので、ワントーン白いお肌へと導いてくれます。

クレイ洗顔の中でも特におすすめなのがモンモリロナイトによるクレイ洗顔。クレイ洗顔でありがちなツッパリや乾燥をもたらすことなく、毛穴ケアが簡単に行えます。

なんでクレイなのにつっぱらないの?詳しくはこちら

KURUMUのクリームウォッシュにはクレイ洗顔におすすめのモンモリロナイトがたっぷりと配合され、手軽に毛穴ケアをして黒ずみ知らずのお肌へ導いてくれます。
モンモリロナイトはうるおいをたっぷりと届けることが出来るため、つっぱらないどころかうるおいまで残してくれ、洗い上がりはしっとり。

KURUMUが目指す赤ちゃんのような柔らか肌へ。KURUMUクリームウォッシュ詳しくはこちらから。