シートタイプやオイルタイプなどクレンジングのメリットデメリットまとめ

シートタイプやオイルタイプなどクレンジングのメリットデメリットまとめ

毎日メイクをして夜には落として…お肌のケアを考えるとしっかりとメイクを落とすことは大切なポイント。
メイクを落とすにはクレンジングが必須。種類がたくさんあり、どれを使ったらいいの?それぞれの特徴は?となる人もいるのでは?

ということで今回は

クレンジングの種類とメリットデメリットまとめ。

どんな種類があり、どんな特徴があるのでしょうか?

クレンジングの種類とメリットとデメリット① シート、ローションタイプ

あらかじめシートにクレンジングが浸してあるタイプとローションタイプのものをコットンに浸し、拭き取るタイプのクレンジングです。

メリット

最大のメリットは手軽に使えることです。酔っぱらって帰ってきてどうしてもお風呂に入りたくない…そんなときにも活躍するのがシート、ローションタイプのクレンジングです。
メイクの落ちもいいのでどんなメイクもスルっと落ちます

デメリット

シートや不織布で直接お肌をこすってメイクを落とすので摩擦でのお肌の負担が心配です。
また、刺激が強めなオイルや界面活性剤が入っていることも多いので、お肌に必要な皮脂まで取りすぎてしまうことも

クレンジングの種類とメリットとデメリット② オイルタイプ

文字通りオイルが主成分のクレンジングです。メイクは基本的にオイル成分なのでオイルクレンジングと馴染んでいきます。
大きく分けて鉱物油(ミネラルオイル)と油脂のクレンジングオイルがあります。

メリット

クレンジング力は今回挙げるクレンジングの中で最もあります。
クレンジング力があることから何度もこすらずにスルっと落ち、摩擦を抑えるメリットもあります。

デメリット

シート、ローションタイプと同じくクレンジング力が強い反面、必要な皮脂まで取りすぎる傾向があります。
特に鉱物油タイプのクレンジングでは皮脂をあっという間にとってしまいます。乾燥肌の方には注意が必要かもしれません。
また、お水に濡れた状態でクレンジングを始めるとクレンジング力が落ちる場合があります。

クレンジングの種類とメリットとデメリット③ クリームタイプ

お肌に負担が少ないと言われ人気があるのがこのタイプです。
お風呂でクレンジングをしているとすっと感触が変わる瞬間があり、クリーム状だったものが液体になるものもあります。

メリット

洗浄力の高さとお肌の負担のバランスがいいのがクレンジングクリームです。
何度もこすらずにメイクは落とせるほどクレンジング力があり、オイルクレンジングほどは皮脂が取り去られることもありません

デメリット

お風呂でクレンジングをする時、湿気で効果が薄まる場合があります。
また、オイルクレンジングよりも皮脂をとる力はないと書きましたが、脱脂力が強いほうではあるので乾燥には注意が必要です。

クレンジングの種類とメリットとデメリット④ ジェルタイプ

オイルタイプが主にオイルが多く配合されているのに対し、水が多く配合されているのがジェルタイプのクレンジングです。
オイルが少ない反面、界面活性剤が多く配合されているのが特徴です。

メリット

お水の配合量が多く、オイルの配合が少ないためお肌の刺激が少ないことが特徴です。また、お顔が濡れていても使えるのでお風呂でクレンジングできる使い勝手のよさがあります。

デメリット

クレンジング力が弱めなことが多いので、メイクの落とし残しがある場合があります。
また、落とし残しがないようにと何度もお顔をこすってしまうため、それが刺激になってしまうことも。

クレンジングの種類とメリットとデメリット⑤ ダブル洗顔不要の洗顔料

クレンジングと洗顔の両方を兼ねた洗顔です。
クレンジング→洗顔と2回しなくてもいいのが特徴です。
クレンジングと洗顔の2種類をひとつの商品で兼ねるのでよく言えばバランスよく、悪く言えば中途半端になってしまいます。

メリット

ダブル洗顔不要の洗顔料のメリットは文字通り「ダブル洗顔不要」なこと。
いろいろな種類のクレンジングがあり、刺激がとてもマイルドなものもあります。
お顔を2回摩擦してしまうと刺激はどうしても生まれてしまいます。ダブル洗顔をしなければ摩擦の刺激も1回で済みます。

デメリット

洗顔とクレンジングの2つの機能を1本で行うのでそれぞれの働きが弱くなってしまいがちです。
実際にダブル洗顔不要と謳っている洗顔料でもメイクはあまり落ちないことも。

ダブル洗顔不要な洗顔料のデメリットを解消する洗顔料とは?

KURUMUクリームウォッシュは中途半端でメイクがきちんと落ちないのでは?という心配を解消してくれる洗顔料です。
その秘密はメイクやお顔の汚れを落とす2種類の方法です。

KURUMUクリームウォッシュにたっぷりと配合されたモンモリロナイトの洗浄力に植物由来の界面活性剤の洗浄力がサポートするというダブルの汚れの落とし方でメイクからお顔の汚れまでをしっかりと落とします

また、モンモリロナイトは泡を立てるのではなく、「吸着」というメイクや汚れの落とし方をします。
洗顔のコツはマッサージするようにゆっくり時間をかけてお顔に塗っていくだけ。目安は1分間。
その間にお顔についた汚れなどをモンモリロナイトがどんどんくるみこんでくれます。
クレンジングと洗顔の2回が一度で済むだけでなく、やさしく塗って落とすだけなので刺激もとても少なくすみます。

クレンジング不要でしっかりメイクも落ち、やさしい洗顔料KURUMUクリームウォッシュ詳しくはこちら。

関連記事

  1. 乾燥肌や炎症を引き起こすかも?NGな化粧水の使い方とは?

  2. 加齢による肌たるみの進行を遅らせるケア方法とは?

  3. クレイパックを毎日使うデメリットとおすすめの頻度とは?

  4. モンモリロナイトのクレイ洗顔の時短の使い方とは?

  5. 夏と違う冬の紫外線対策の注意点とは?

  6. モンモリロナイトのクレイ洗顔でダブル洗顔不要でメイクも落とす…

最近の記事

PAGE TOP