KURUMU

-

サイト内検索

カレンダー

ピックアップ

人気記事

Update 2021.11.17 Wed

スキンケア

化粧水をコットンでつけるメリットデメリットとは?

化粧水をコットンでつけるメリットデメリットとは?

最近試作にハマっています。←飽きる可能性を示唆…
基本だらしがないです。
たいらです。

さて。

基本的なスキンケアはお化粧を落として、洗顔をして、お風呂上りにローションクリームと塗っていく…というルーティーンの人も多くいるかと思います。
今日のポイントはローションの塗り方について。
いろいろと調べてみるとコットンを使う方がよい!という方もいればコットンはNGという方もいらっしゃいます。

ということで今回は

ローションを塗るときにコットンを使うメリットデメリットについて。

ローションの役割とは?

コットンを使ってローションを塗るメリットって?

対するデメリットは?

そんなお話。

スキンケアにおけるローションの役割とは?

スキンケアの基本ともいえるローション。どんな効果があるのでしょうか?

お肌のトラブルの大きな要因の1つが乾燥です。
乾燥してしまうとお肌は小じわや炎症などなど様々なトラブルを起こしてしまいます。乾燥を防ぐためにローションやクリームなどを塗ってお肌を潤すのがスキンケアの基本

そしてもう1つのスキンケアの大事な要素が保湿の前にお顔をしっかりときれいにしてあげること。1日の中でメイクやほこり、余分な皮脂など様々な汚れがお顔にはついています。

汚れを取り除かないで保湿をしても効果は半減。まずはお顔をきれいに洗います。
クレンジング+洗顔と2回もお顔を洗うと汚れはすっきりと落とせますが、お肌に本当に必要なうるおいまでも落としてしまい乾燥状態。お風呂上りにはしっかりと水分補給をするためにローションを塗ります。

では、よりローションを効果的に塗るにはコットンを使った方がいいのでしょうか?
メリットとデメリットを紹介していきます。

コットンでローションを塗るメリットとは?

お肌の乾燥を防ぐために必須のローション。
コットンを使った塗り方のメリットはなんでしょうか?

ローションをコットンで塗るメリット1つ目はむらなく塗れるということです。

コットンは手のひらよりも凹凸が少なくローションが染みこみます。そのためお肌にしっかりと当てていくとむらがなく均等にローションを塗ることができます。

そしてもう1つのメリットが清潔に塗れるということ。

手で塗る場合、手のひらには無数の雑菌がいることが。その雑菌がローションを塗るときお顔にもついてしまい増殖、お肌のトラブルにつながる場合があります。
対するコットンは個包装のものを使えば基本的には雑菌がおらず清潔にローションを塗ることができます。

均等で清潔に塗れるコットン。しかしデメリットもあります。
そのデメリットとはどんなものでしょうか?

コットンでローションを塗るデメリットとは?

お肌に均等に、雑菌もつけずに塗れるコットン。
しかし注意したいデメリットも。

1つ目のデメリットは摩擦が多くなりがちということ。
たくさん保湿をしようとコットンでゴシゴシ…というのは逆効果。
お肌をコットンで擦ってしまうと摩擦が大きくなりお肌が傷つき炎症を起こしてしまう心配が。

また、もう1つのデメリットがコスパが悪くなること。
手で塗るときと比べてローションが多くコットンに染みこんでしまいコスパが悪くなりがちです。

以上がローションをコットンで塗った場合のメリットデメリットでした。

清潔にムラなく塗れるメリットと摩擦やコスパが悪くなってしまうデメリットがあるコットン。

コットンでローションを塗る場合、お肌は思ったよりもデリケート。
コットンは柔らかいとはいえ、どうしても傷がつきがち。細心の注意を払ってやさしく塗っていきましょう。

お肌のトラブルの大きな要因になってしまう刺激。それを最小限に抑えるためにKURUMUでは手でムラなく丁寧に塗ることをおすすめしています。

なるべくなら手で丁寧に。
コットンの場合もやさし~く。

洗顔後しっかりとローションで保湿をしてトラブル知らずのお肌を目指しましょう。