粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

コラム

こんなところにモンモリロナイト~生活密着編~

Update 2018.06.01

こんなところにモンモリロナイト~生活密着編~

お肌の汚れを落としたり、うるおいを届けてくれたり、乾燥などから守ってくれるモンモリロナイト。KURUMUではその特徴を利用して、洗顔料はもちろんのことローションやクリーム、パックなどにたっぷり配合しています。

モンモリロナイトは化粧品以外にもたっくさんの使い道があります。用途がとってもたくさんあることから「サウザンユウセス(thousand uses)」とも言われます。今回はそんな中からほんの一部、私たちの生活に密着した利用法を紹介します。

こんなところにモンモリロナイト~工業編~
はこちら

◆おむつ

生まれたばかりの赤ちゃんはお肌がとってもデリケート。そんな赤ちゃんのお尻を守ってくれるのがモンモリロナイトです。モンモリロナイトはとてもたくさんのお水を含むちからを持っているので、おしっこをたくさん抱きかかえてくれます。
また、モンモリロナイトには匂いも包みこんでくれるというちからもあります。そのため、抱え込んだおしっこの匂いも脱臭してくれます。この脱臭作用はモンハミにも利用されていて、口臭やおしっこの匂いに効果を発揮します。

実はみなさんも生まれたころからモンモリロナイトに包まれて育ったのかもしれませんね。

◆ワインの澱(オリ)を取るのにモンモリロナイト

ワインの澱を取ることを澱引きと言います。
発酵が終わったワインは酵母や酒石(酒石酸水素カリウム)などの澱が沈降するため、それを除去します。
その際、使われるのがセラミックフィルターや遠心分離、濾過、静止などです。
そして高級ワインなどではコラージュと呼ばれる澱引きの方法を取ります。そこで使われるのがモンモリロナイトです。モンモリロナイトにはタンパク質を吸着する特性があるので、澱を吸着して分離することができます。澱引きに使われるモンモリロナイトは精製度がそこまで高くないためベントナイトと呼ばれることが多いです。また、粉状だとダマになり過ぎてしまい、使いづらいのか粒形になっているようです。
ほかにも卵白が用いられることもあります。

ワインのおいしさにもモンモリロナイトが活躍していたんですね。

◆ミュージックモイスチャー

「ミュージックモイスチャー」は楽器保存に最適な湿度である45°±5%に保ってくれます。ギターなど木製の楽器は湿度が高すぎると金属部分が錆びてしまったり木製部分が反ってしまいます。湿度が低すぎると高湿のときとは逆に反ってしまったり、乾燥で木が割れてしまったりなどが起こります。
単に除湿をするだけでなく、乾燥していると抱え込んだ水分をモンモリロナイトが開放して加湿にもなるというのが面白いところ。

骨董品や古美術品の湿度調整剤にも使われているそうで、美術館のあの有名な絵もモンモリロナイトが守っているかも…

◆スキンケアでもモンモリロナイトが活躍

今回は私たちの生活に密着して活躍するモンモリロナイトのお話でした。生活に密着という話ではスキンケアもとっても生活に密着しています。
スキンケアの場合はお肌についた汚れを落としたり、お肌にうるおいを届けたり、乾燥から守ってくれたり…
KURUMUシリーズはお肌によいモンモリロナイトのちからを最大限に引き出せるように作りました。
クリームウォッシュではメイク汚れや皮脂などをしっかり落とし、ウォーターモイストやコンフォートクリームではモンモリロナイトでしっとりと保湿するのはもちろんのこと、配合された美容成分をしっかりと届けます。モイスチャーマスクは届けたしっとり感をとっても薄いヴェールで包み、乾燥から守ってくれます。

そんなKURUMUシリーズ、詳しくはこちら。