KURUMU

-

サイト内検索

カレンダー

Update 2020.10.09 Fri

口の中

舌を傷つけず口臭や味覚障害対策の舌磨きの方法とは?

舌を傷つけず口臭や味覚障害対策の舌磨きの方法とは?

え!?私の口臭、気になる?マスク生活で気になってしまいます。
もはや強迫観念!こわい。
たいらです。
さて。

ニンニク料理を食べた時やガッツリラーメンを食べた時など口臭は気になるもの。
ガムを食べたり、牛乳を飲んでみたり、口臭対策をしている人もいるのではないでしょうか。(私もやってます)
そんな口臭対策の一つが舌磨き。
でも舌磨きは口臭に有効という人もいれば「やめた方がいい」という人もいてよくわからない…

ということで今回は

舌磨きで落としたい、口臭の原因になる「舌苔(ぜったい)」とは?
うまくやらないと口臭や味覚障害の原因にも?

おすすめの舌磨きの方法とは?

そんなお話。

口臭や味覚障害の原因になってしまう舌苔(ぜったい)とは?

マスクをつけた時や人と会っている時にふと気になってしまう口臭。原因は内臓由来やむし歯などいろいろあります。舌についてしまった汚れ(舌苔)もその原因の一つと考えられています。

舌苔(ぜったい)と呼ばれる白い汚れのようなものが付き、鏡をのぞくとその白い汚れが気になる…という方も。
舌苔からくるにおいや汚れを落とすため、舌を磨く人が多いようです。

舌苔の正体は舌の表面や舌にあるツブツブの間にたまった食べかすや菌、お肌で言うところの角質のような古くなった細胞などの総称を指します。

たっぷり増えてしまった菌は体の中に入って悪さをしたり、味を感じる器官である味蕾を覆ってしまい味覚障害を招いてしまうこともあります。

また、菌がたくさんいるので舌がねばねばして気持ち悪かったり、気になる口臭の原因にもなってしまいます。
こんなに悪さをたくさんする舌苔。いったいどのような理由でできてしまうのでしょうか?

口がねばねばして不快な舌苔がつく原因とは?

お口がねばねば、口臭の原因や味覚障害のリスクまである舌苔は食べかすや古くなった細胞などです。それがたまってしまった結果白い苔のようなものが舌について舌苔となってしまいます。

舌に汚れがたまってしまう原因はドライマウスと呼ばれるお口の乾燥です。乾燥することによりお口の中を洗浄している機能が低下。
汚れや古くなった細胞がたまってしまいます。

ドライマウスはストレスや加齢などで唾液の分泌が少なくなったり、口呼吸をしていたり、刺激のある歯磨き粉を使っていたりするとお口の乾燥を招いて引き起こされると言われています。

ドライマウスの原因や対策について詳しくはこちらへ。

ドライマウスになるとたくさんついてしまう舌苔。取ろうと思っても間違ったやり方をしてしまう人が多く注意が必要です。
NG行為とはどんなものがあるのでしょうか?

舌を傷つけない口臭や味覚障害の原因舌苔を取る方法とは?

お口の中は粘膜で、歯はもちろんのことお肌よりも数段デリケートです。
そのデリケートな舌を力強く磨いてしまうと傷がついてしまいます。

舌磨きと聞くと歯ブラシを使って歯と同様にガシガシと舌を磨くことをイメージするかもしれませんがそれはNGです。
ガシガシと舌を磨いてしまうと傷がつき、乾燥を招きドライマウスや味覚障害などなどのリスクやかえって舌苔が増えてしまうことにもなってしまいます。

舌を歯ブラシで磨くコツはあくまでやさしく数回にとどめましょう。
もしくは舌磨き専用のブラシを使うとか…

「磨く」というコトバよりも「なでる」というコトバの方がしっくりくるくらいやさしく舌をきれいにしていきましょう。

もう一つのNG行為はアワアワの歯磨き粉を使って舌を磨くことです。

舌は粘膜で非常にデリケートな部分です。
泡の成分である界面活性剤は刺激にもなりうるもの。お肌よりも敏感な舌は傷が付きやすくなってしまうのです。これはあわあわの歯磨きで歯を磨く前とみがいた後の舌の写真です。
磨いた後の舌はツブツブがつぶれてしまっています。

この時は普通に歯を磨いて写真を撮ったので舌を特に磨いたわけではありません
でもこれだけ舌が傷がついてしまっています。

歯ブラシや歯磨き粉の泡で傷がついてしまった舌は治るまでしばらく時間がかかります
その時間はおおよそ20分ほど。

その間に(歯磨きをした直後に)お茶を飲んだり何かを食べると正常に味を感じることが出来なくなり、おいしく食べることが出来ません。

歯ブラシ問題はやさしく磨くか専用のものを使うからいいとして、歯磨き粉はどんなものを使えばいいのでしょうか?

舌を傷つけずに舌苔を適度に取る舌磨きにおすすめの歯磨きとは?

とっても傷つきやすくデリケートな舌。

歯ブラシでゴシゴシ磨かなくても歯磨き粉のアワアワで傷がついてしまいます。
泡の他にも歯磨き粉には刺激になりうる成分が入っている場合があります。

そこでおすすめしたいのがモンモリロナイトの歯磨き粉
モンモリロナイトと銀と水の歯みがきは界面活性剤を全く使っていません。
吸着して落とすというモンモリロナイトのちからを使って汚れを落としているので、泡のちからに頼ることなくお口の中の汚れを落としていきます

しかもモンモリロナイトは自然から採れた粘土。自然のちからの恵みで歯磨きをすることが出来ます。
刺激もとても少なく、しっかりと汚れを落とせるモンモリロナイト。

泡が立たないので磨いた気がしないと心配になる方にもおすすめなのは磨いた後のヴェール感

モンモリロナイトは「皮膜」というヴェールを張ってくれるので磨きあがりの歯はツルツル。泡の歯磨き粉のすっきり感とは違うすっきり感で磨いた感じを味わえます。

モンモリロナイトで歯も舌もやさしくきれいに。
モンロリロナイトたっぷり配合の歯磨き粉、ご購入はこちら。

モンモリロナイトってなぁ〜に?