毛穴や角質ケアができるクレイパックとはどんなもの?

代表やリーダー的な役割になることがたまにあるのですが、あれはただの雑用だと思います。雑用と気苦労ですかね。
気苦労が絶えません。
たいらです。

さて。

泥という言葉やクレイという言葉。なんとなくお肌に、体にやさしそうな印象を持つ人もいると思います。また、クレイでイメージするのはクレイパックでしょう。
でもなんとな~く良さそうなだけで何がどういいの?という人も多いハズ。

という訳で今回は

クレイパックとはどんなもの?

粉末状とペースト状の違いとは?

粉末状でもクレイの種類による特徴の違いは?

クレイパックで気を付けなくてはいけないこととは?

そんなお話。

毛穴ケアにぴったりなクレイパックとは?

なんとなく良さそうなイメージのクレイパック

ではそもそもクレイパックとはどんなものなのでしょうか?

クレイパックとはガスールやクチャ、マリンシルトなどのクレイを配合したパックです。

クレイは火山灰や太古の植物などが長い時間や様々な条件のもとに出来上がる鉱物の一種です。
特徴として、海底で熟成されたものはミネラルがたっぷりだったり100%自然由来なのでお肌にやさしいということもあります。

そしてクレイの最大の特徴は吸着して汚れを落とすということ。
粒子が細かいものも多いので、毛穴までしっかりと洗浄できることを謳っているクレイパックもたくさんあります。

ミネラルたっぷりで毛穴の汚れの洗浄に向いているクレイパック。

様々な種類があり、それによって特徴も変わってきます。
その種類はどんなものがあるのでしょうか?

クレイパックの種類、粉末状とペースト状の特徴の違いとは?

クレイパックは大きく分けると2種類になります。

1つ目は粉状のクレイを自分で溶いて作って使う粉末タイプ。
もう1つはあらかじめペーストになっていてるタイプです。
2種類のクレイはどんな特徴があるのでしょうか?

粉末状のクレイは自分で作るというのが最大の特徴です。

自分で作るため、好きな素材を入れられたり防腐剤を使う必要がなかったり。好きなようにカスタマイズができるので「どうしてもこの素材が好き!」ということがある人にはおすすめです。

一方で自分でお水や保湿成分などを混ぜて作ってから使うので面倒が多いのがデメリットです。

粉末のクレイパック種類別の特徴、詳しくは ↓

ペースト状のクレイパックはあらかじめお水や保湿成分などが配合されていることが特徴です。
そのため自分で混ぜるという手間がなく使えるのがメリット。加えてバランスよく様々な成分が配合されているので自分で作るときのような失敗がありません。

しかしお肌の刺激になりうる防腐剤が配合されていたり、粉末状のものと比べると高価になりがちです。

粉末状とペースト状のクレイパックの違いについて詳しくは ↓

そんな種類があるクレイパック。どちらにも共通した使う時の注意点が。
それはどんなものなのでしょうか?

粉末状とペースト状どちらにも言えるクレイパックの注意点は?

粉末状、ペースト状共に使う時に気を付けなくていけないことがあります。

お顔の色が隠れるくらいまんべんなくクレイパックを塗り、しばらく待ちます。
この間に毛穴の汚れまで吸着をしていく、ということなのですが、ここが注意ポイント!

クレイをあまり長くお顔の上に置いてしまうと徐々に乾いていきます。
乾いたクレイは水分を求めるようになり、お肌のうるおいまで吸着してしまうことも。
乾燥やツッパリなどをきっかけに小じわやニキビなど肌トラブルを招いてしまうことがあります。

ポイントはお顔の上に長くクレイパックを残しておかないこと。
毛穴の汚れは3分ほどでクレイが吸着してくれるので、時間は長くしないことがおすすめです。

クレイパックの使い方や注意点詳しくは ↓

そしてもう1つは乾かない種類のクレイのクレイパックを使うことです。

毛穴の掃除もできて乾燥しないどころか保湿にまでなってしまう種類のクレイがあればいいのに。
そんなクレイがある?それはどんなのもでしょうか?

毛穴ケアができ、乾燥も招かないクレイとは?

毛穴のスペシャルケアとして使われるクレイパック。しかし、放置する時間が長すぎると乾燥を招いてしまうこともしばしば。

毛穴の汚れはしっかりと落とし、保湿までしてくれるクレイがあります。
それがモンモリロナイトです。

モンモリロナイトは他のクレイにくらべお水を抱きかかえるちからが非常に強いのが特徴です。
その保水力の強さは1gでテニスコート3面分にも及ぶほど。
その保水力を生かし、その他のうるおい成分までもくるみこんでくれるのです。

お水や美容成分をたくさんくるみこんだモンモリロナイトはお肌にのせてもすぐに乾くことはありません。

それどころかたっぷりと含んだうるおい成分をお肌にとどけるという役目まで果たしてくれます。

乾燥が怖くて敬遠していた人や、つっぱる感覚が嫌いな人にも使っていただけるのがモンモリロナイトのクレイパックです。

他のクレイとモンモリロナイトの違いやKURUMUモイスチャーマスクのお肌への働きについてもっと詳しくは ↓

週に一度は毛穴の奥までしっかりと洗い流し、しっとり感まで残してくれるのがモンモリロナイトがたっぷり配合されたKURUMUモイスチャーマスク。
毛穴の汚れやくすみに効果的なモンモリロナイトなので流した後はすっきりとワントーン白いお肌に。
加えてうるおいを届けて、キメが整った翌朝のお肌は化粧のノリがとってもいいと評判です。

そんなKURUMUモイスチャーマスク詳しくは ↓

関連記事

  1. クレイ洗顔3つの弱点を克服するモンモリロナイトの特徴とは?

  2. 赤ちゃんのようなやわらかお肌の秘訣とは?

  3. 泡立て不要でお肌にやさしいクレイ洗顔の特徴とは?

  4. 乾燥肌や混合肌など肌タイプ別の特徴とケア方法とは?

  5. ハンドクリームを代用で顔に塗る時の注意点とは?

  6. クレイパックで美肌を目指すために知りたいデメリットと対策

最近の記事

PAGE TOP