粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

コラム

モンモリロナイト歯磨きが登山におすすめな理由はうがいの回数?

Update 2018.05.28

モンモリロナイト歯磨きが登山におすすめな理由はうがいの回数?

先日登山に行ってきました。登山は当日ももちろん大事ですが事前の準備がとっても大事。雨具や登山シューズ、身に着ける衣服など、ここを怠ってしまうと後が大変です。

集めていくと結構な荷物になります。その中でもかなりの重さを占めるのが水です。お水は不足すると高山病になりやすかったり、熱中症になってしまったりが起こるのでとっても大事です。また、山の上で購入すると高額になることもあり、持参します。
私が富士山に登った時は2L持っていきました。(重い…)

そんな貴重なお水を節約できるのがモンモリロナイトの歯磨きだった?今回はそんなお話。

◆飲用や食用で使うので登山ではお水は貴重なので歯磨きまでは難しい

登山をしている時お水は必須です。斜面を長い時間歩くので山中で脱水症状を防ぐために水分補給をその都度しなくてはいけません。暑いときはもちろん、気温が低いときでも体を動かしていると知らず知らずのうちに汗がたくさん出るので必要になってきます。

また、山中で山小屋に泊まったり、テントで宿泊する場合があります。その時、カップラーメンを食べたり、コーヒーを飲んだりするときにも水が必要になってきます。

この最低限必要なお水の中にお風呂や歯みがきのお水は含まれていません。

でも登山で疲れた時に風呂に入るのはすごく有効です。しかし、お風呂にはたくさんのお水(お湯)が必要で、このシチュエーションで入るのは現実的ではありません…

◆登山でお風呂は無理でもすこしでもリフレッシュする方法は?

お風呂に入るのは難しそう…でもすこしでも疲れた体をリフレッシュしたい。そんなときにおすすめなのが歯みがきです。

お口のなかだけでもすっきりさせるとずいぶんと気分転換になり、登山の疲れにもいい影響があります。

◆登山で貴重なお水をなるべく使わず歯磨きをする方法とは?

歯みがきはいうまでもなく、お水を使います。市販の歯みがきで歯を磨けば、何度もうがいをしなくてはなりません。また、うがいの回数を減らせば逆に口の中が気持ち悪く、あまりリフレッシュにはなりません。
とはいえ、歯みがき粉を付けずに磨くのもすっきり感が足りないし…
そんなとき、「モンモリロナイトと銀と水の歯みがき」が活躍します!この歯みがきは付属のキャップ一杯の水でうがいをすればすっきりとリフレッシュできます。

◆【実験】モンモリロナイトと銀と水の歯みがきのすすぎの回数が少なくなる??

用意するもの

☑黒いお盆
☑モンモリロナイトと銀と水の歯みがき
☑市販の歯みがき

まず黒いお盆にモンモリロナイトと銀と水の歯みがきと、ドラッグストアで良く見る他社の歯みがきを塗ります。

そのあとシャワーをかけます。

するとモンモリロナイトと銀と水の歯みがきの方はするりと落ちるのに対して、他社の歯みがきはまだ残っています。

お盆を触ってみるとモンモリロナイトと銀と水の歯みがきは「きゅきゅっ!」とするのに対し、他社の歯みがきは心なしかぬるっとします。

【実験動画はこちら!】

これではお口の中がすっきりしないので何度かうがいをする必要がありそうですね。

この小さなキャップ一杯でうがいがすんで、しかも歯がツルツルになるモンモリロナイトと銀と水の歯みがき。登山の荷物に一本入れてみてはどうですか?