粘土科学研究所

お気軽にご連絡ください

MONTMORILLONITE LABO モンモリロナイト ラボ おどろきの発見がいっぱい!

コラム

洗顔で改善?いちご鼻の毛穴ケアにおすすめはモンモリロナイト?

Update 2018.12.26

洗顔で改善?いちご鼻の毛穴ケアにおすすめはモンモリロナイト?

手塚家は○○狩りが好きです。ミカン狩りのすっぱさに農家のみなさんのリスペクトが相当上がりました。たいらです。

 

さて、突然ですが、みなさん好きですか?いちご。

赤くて小っちゃくてかわいいあれです。そのまま食べてもよし、スイーツにのせてもよしの大人気のフルーツです。

「いちご」のフレーズで唯一ネガティブな意味で使われているワードがあるのはご存知でしょうか?それは「いちご鼻」です。

いちご鼻は鼻の頭の毛穴が黒くぼつぼつと目立ってしまうことを指します。

今回はそんないちご鼻のお話。

いちご鼻ってなんでなっちゃうの?

いちご鼻になりやすいひとって?

いちご鼻におすすめのケア方法って?

そんなお話。

◆毛穴が開き目立ってしまういちご鼻とはどんな原因でなる?

そもそもいちご鼻とはなんでしょうか?

お顔の真ん中にある鼻の頭に黒ずみがあり、ひろがってしまった毛穴が目立ってしまうこと。

触るとぼつぼつとして、見た目がまるでいちごのように見えることからいちご鼻と呼ばれています。

 

いちご鼻になってしまう鼻の頭の毛穴は「脂線性毛包」と呼ばれ特に皮脂の分泌に特化した毛穴なので詰まってしまったり、テカるなど皮脂が余分に分泌してしまいがちです。

 

デコボコと目立ってしまうのは毛穴には皮脂以外にもいろいろなものが詰まってしまうから。

それはメイクの落とし残り、古くなった角質、ほこりなど。それらは鼻の頭に詰まり「角栓」と呼ばれるものに…
また、角栓となり詰まってしまうとそれが毛穴の開きにもつながってしまいます。

 

広がった毛穴は詰まりやすくなる要因ともなりどんどんと悪循環に…

そんな困ったいちご鼻になりやすいひととはどんなひとなのでしょうか?

◆いちご鼻になってしまう注意すべき人はどんな人?

お顔の真ん中の鼻がぼつぼつと目立ってしまういちご鼻。

なってしまう一番大きな要因は過剰に分泌された皮脂。注意したいのは体質的にニキビができやすい人、夕方くらいになると皮脂が浮いてきてしまうという人。

皮脂が取りきれずに残って詰まるといちご鼻になってしまいがちです。
参考→ 脂性肌におすすめのケア方法は?悪化させてしまうNG行為とは?

 

ですから皮脂が多い男性や、皮脂の分泌が活性化している思春期などに多く見受けられます。

◆皮脂が角栓になり詰まってしまういちご鼻予防でおすすめな成分といえば?

モンモリロナイトでゆっくりと洗おう。

 

いちご鼻は余分な皮脂や古くなった角質が徐々に鼻の毛穴にたまり、やがて角栓となり段々と目立ってきてしまいます。

つまりいちご鼻は一日にしてならず!です。

 

毎日のケアをしっかりとしていればなることはありません。

いちご鼻ケアでおすすめなのはモンモリロナイトによる洗顔です。

 

モンモリロナイトはとっても細かい粒子のため、毛穴の奥にまで入り込み、洗浄をしてくれます。

加えてモンモリロナイトの粒子は非常に滑らかでやわらかです。洗浄の際、お肌に刺激を与えることなく、やさしく汚れを落としていきます。

 

モンモリロナイト洗顔のいちご鼻のケアのコツはマッサージするようにゆっくりと気になる部分に塗ること。

泡は立たなくても問題ありません。じっくりと時間をかけることにより徐々にモンモリロナイトが毛穴の奥の黒ずみを吸着していきます。

 

ぬるま湯でやさしく落としていくとワントーン白くなるほど毛穴まですっきりとなっていきます。

 

こまめな洗顔とモンモリロナイトで予防はできそうです。ですが、すでにいちご鼻になってしまった場合はどのようなケアが有効なのでしょうか?

◆角栓が毛穴に詰まったいちご鼻ケアにおすすめの洗顔とは?

日々のケアでいちご鼻を防ぐ…それはどうにかできそうです。

しかし、角栓となって頑固になってしまったいちご鼻のケアの場合はどうすればいいのでしょうか??

 

実はそこにもモンモリロナイトが活躍してくれます。

 

角栓は皮脂や古くなった角質、ほこりなど、「お水で溶けやすいもの」と「油でしか溶けないもの」がまじりあっているため非常に頑固で落とすのが難しいです。

 

ここで注目なのはモンモリロナイトのくるみ取るちから。

モンモリロナイトはお水で溶けやすいもの」と「油でしか溶けないもの」のどちらもくるみ取ることができてしまうのです。

 

言い換えればお水とも油とも仲良くできるということ。その証拠にお水と油を混ぜる「乳化」もモンモリナイトはできてしまいます。
→ 乳化作用?お水も油も吸着するモンモリロナイトのちから

 

それに加えて上部でもお話したモンモリロナイトのとっても細かい粒子。

毛穴の奥にまで入り込んで、黒く目立つようになってしまった角栓をやさしくくるみこみ洗い流してくれます。

 

「お水で溶けやすいもの」と「油でしか溶けないもの」が入り混じって厄介な角栓。それが小さな毛穴に詰まっている状態のいちご鼻。それを落とすのにピッタリのモンモリロナイト。

 

洗顔をするときのコツはちょっと時間をかけてあげること。目安は2分ほど。KURUMUのクリームウォッシュをくるくるといちご鼻が気になる部分にマッサージをするように塗り、通常の洗顔の時よりも時間をおきましょう。

その間にモンモリロナイトが厄介な角栓を徐々にくるみとっていきます。

泡を立てる必要も、ごしごしと洗う必要もありません。

 

きれいなお肌になりますように…と願いを込めながら時間をかけると少しづつ角栓がくるみ取られ落ちていきます。

 

いちご鼻ケアにぴったりのモンモリロナイト。KURUMUクリームウォッシュにはたっぷりと配合され、モンモリロナイトの洗浄力やとっても細かい粒子のちからを最大限に発揮してくれます。

 

そんなクリームウォッシュでいちご鼻のケアをしてはいかがでしょうか?