KURUMU

-

サイト内検索

カレンダー

Update 2020.06.17 Wed

スキンケア

いちご鼻で詰まった毛穴ケアにおすすめの洗顔方法とは?

いちご鼻で詰まった毛穴ケアにおすすめの洗顔方法とは?

余分な皮脂が!という記事がいまから始まりますが、皮脂の分泌は減ってきた気がします。カラカラです。
アラフォー男性、たいらです。

さて。

皮脂が多くなりがちな脂性肌の人や思春期の人などに多く見られがちないちご鼻。

どういった原因で??どういう人がなりやすい?などというお話をしました。
毛穴が開いて黒ずみが目立つ「いちご鼻」になりやすい人は?ケア方法は?

また、やってはいけないケア方法がありますよ~という話も
黒ずみ毛穴目立ちが気持ち悪い「いちご鼻」でNGケア3つとは?

そんなわけで今回のお話はおすすめのいちご鼻の洗顔方法。

いちご鼻にならないための予防する洗顔方法とは?

いちご鼻解消のためにすべきこととは?

いちご鼻ケアにぴったりの成分とは?

そんなお話。

毛穴が詰まって目立ついちご鼻予防でおすすめな成分とは?

いちご鼻は余分な皮脂や古くなった角質が徐々に鼻の毛穴にたまり、やがて角栓となり段々と目立ってきてしまいます。
つまり毎日の汚れがちょっとずつ溜まり、やがてはいちご鼻となってしまうということ。格言風に言うならば「いちご鼻は一日にしてならず!」です。

毎日のケアをしっかりとしていればいちご鼻は怖くありません。そのいちご鼻予防でおすすめなのはモンモリロナイトによる洗顔です。

モンモリロナイトはいちご鼻の原因である古くなった角質やほこりなどのお水でも流れる汚れ、よぶんな皮脂などの油性の汚れ、どちらも吸着して落とすいう特徴を持っています。
この特徴はいちご鼻の予防にぴったり。
加えてモンモリロナイトの粒子はとっても細かく毛穴の奥にまで入り込み、黒ずみにしっかりとアプローチしてくれるという特徴も。

いちご鼻の毛穴目立ちが気になるあまりゴシゴシすると炎症を起こし、いちご鼻が悪化ということもあります。
それに対しても、モンモリロナイトの粒子が非常になめらかでやわらかなことによりお肌に刺激を与えることなくやさしく汚れを落としてくれます。

モンモリロナイト洗顔のいちご鼻のケアのコツはマッサージするようにゆっくりと気になる部分に塗ること。
泡は立たなくても問題ありません。じっくりと時間をかけることにより徐々にモンモリロナイトが毛穴の奥の黒ずみを吸着していきます。

ぬるま湯でやさしく落としていくとワントーン白くなるほど毛穴の奥まですっきりとなっていきます。

気になるいちご鼻、こまめな洗顔とモンモリロナイトで予防はできそうです。
ですが、すでにいちご鼻になってしまった場合はどのようなケアが有効なのでしょうか?

頑固な毛穴詰まりを落としていちご鼻解消の洗顔方法とは?

日々のケアでいちご鼻を防ぐ…それはどうにかできそうです。
しかし、頑固な角栓となってしまったいちご鼻のケアの場合はどうすればいいのでしょうか??

そこにはモンモリロナイト洗顔に+したいケア方法が。
それは顔を洗う前に蒸しタオルで毛穴を開いてあげること。いちご鼻は角栓が詰まった状態なのでちょっとやそっと洗ったくらいでは取れません。なので洗顔をする前に蒸しタオルで毛穴を開き、角栓が取れやすい状態を作りましょう。


蒸しタオルは
●タオルを濡らして絞る
●タオルを電子レンジで30秒チン
●少し冷ましたあと、いちご鼻に5分ほどのせる
すると毛穴が開き、詰まっていた角栓が取れやすくなります。

ちなみに角栓は皮脂や古くなった角質、ほこりなど「お水で溶けやすいもの」と「油でしか溶けないもの」がまじりあっているため非常に頑固で落とすのが難しいです。
ここで注目なのはモンモリロナイトのちから。どのようなモンモリロナイトの特徴が頑固な角栓に有効なのでしょうか?

毛穴が詰まるいちご鼻に有効なモンモリロナイトのちからとは?

様々なものが混ざり合っているため頑固で取れにくい角栓。
それを落としてくれるモンモリロナイトには「お水で溶けやすいもの」と「油でしか溶けないもの」のどちらもくるみ取ることができるちからがあります。
言い換えればお水とも油とも仲良くできるということ。

その証拠にお水と油を混ぜる「乳化」もモンモリナイトはできてしまいます。

それに加え、上でもお話したモンモリロナイトのとっても細かい粒子。毛穴の奥にまで入り込み、黒く目立つようになってしまった角栓をやさしくくるみこみ洗い流してくれます。
「お水で溶けやすいもの」と「油でしか溶けないもの」が入り混じって厄介な角栓。それが小さな毛穴に詰まっている状態のいちご鼻。それを落とすのにピッタリのモンモリロナイト。

蒸しタオルでいちご鼻の原因である角栓を取る準備をした後の洗顔。コツはちょっと時間をかけてあげること。目安は2分ほど。

KURUMUのクリームウォッシュをくるくるといちご鼻が気になる部分にマッサージをするように塗り、通常の洗顔の時よりも時間をおきましょう。
その間にモンモリロナイトが厄介な角栓を徐々にくるみとっていきます。泡を立てる必要も、ごしごしと洗う必要もありません
きれいなお肌になりますように…と願いを込めながら時間をかけると少しづつ角栓がくるみ取られ落ちていきます。


いちご鼻ケアにぴったりのモンモリロナイト。

KURUMUクリームウォッシュにはたっぷりと配合され、モンモリロナイトの洗浄力やとっても細かい粒子のちからを最大限に発揮してくれます。洗い上がりの毛穴はスッキリとワントーン明るくなった!と驚かれる方も少なくありません。
毛穴のデコボコもなくなりすべすべに。KURUMUが目指す柔らか肌へモンモリロナイトが導いてくれます。

そんなクリームウォッシュでいちご鼻のケアをしてはいかがでしょうか?

モンモリロナイトってなぁ〜に?